国外の大規模火災で自衛隊が初めて派遣される。

オーストラリアで去年から続く大規模な森林火災の消火活動に協力するため、防衛省は、航空自衛隊を現地に派遣することを決めた。派遣されるのはC130輸送機2機と隊員およそ80人で、輸送機は、15日午後、愛知県の小牧基地を出発した。

オーストラリア政府の要請を受けたもので、現地の消防隊員や物資の輸送を行う。