広島地検が公職選挙法違反の疑いで事務所に家宅捜索に入ったことを受け、自民党の河井克行前法相と妻の河井案里参議院議員が、15日夜、それぞれ会見した。この会見を受け、与野党からは厳しい声が上がっている。

立憲民主党の蓮舫副代表は「説明すると言いながら本会議をすべて欠席したことは納得がいかない。説明責任を果たそうとしないことに憤りを覚える」とコメントした。

さらに、政府・与党内からも「世間をなめている」「2人はもう議員辞職すべきだ」などと厳しい声が上がっている他、両議員の後ろ盾とされる「菅官房長官の責任は重い」との指摘も出ている。

野党は来週に始まる通常国会でも厳しく追及する方針。