自民党の河井克行前法相と妻の案里参議院議員が15日夜の会見で、案里議員の選挙をめぐり、公職選挙法違反の疑いで家宅捜索が行われたことについて、一切、説明しなかったことを受けて、野党は批判を強めている。

立憲民主党・安住国対委員長「およそ説明になっていない、単なるおわび会見をしたという認識なんです。自民党の側が責任を持って、こちら側にきちっと説明をしてほしい」

野党は16日朝、国対委員長会談を開き、河井前法相と案里議員に国会で説明させるべきとの認識で一致した。

立憲民主党の安住国対委員長は近く、自民党側に対し、国会で政治倫理審査会を開いて、河井前法相らに説明させるよう申し入れる方針。

一方、菅官房長官は、会見で、両議員は説明責任を果たしたか、認識を問われたのに対し「国会議員として自身の判断で説明を果たすべき問題だ」と述べるにとどめた。