新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに乗船者39人、さらに検疫官1人の感染が確認された。

こうした中、12日朝に開かれた政府の対策本部で安倍首相は、入国を拒否する対象について、中国の浙江省に滞在歴のある外国人などにも拡大する方針を明らかにした。

安倍首相「浙江省を対象地域に追加し、同省に滞在歴がある外国人や同省の旅券を保持する外国人について、特段の事情がない限り入国拒否の措置を講じることとします」

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府はすでに入国申請前の14日以内に中国の湖北省に滞在歴のある外国人などの入国を拒否している。

安倍首相は新たに対象地域を浙江省にも拡大し、13日午前0時から実施する方針を明らかにした。

またクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の乗客・乗員へのウイルス検査について、民間の検査機関でも検査できるよう体制を整備し来週18日までに1日1000件を超える検査能力を確保できると述べた。