東京高等検察庁の黒川検事長の定年が延長されたことについて、野党側は、検察庁法に照らして違法にあたるのではないかと追及した。

国民民主党の後藤議員は、検察官の定年については検察庁法が定めており、国家公務員法が定める定年延長は適用されないのではないかとただした。

国民民主党・後藤祐一議員「定年延長も含めて検察官については、適用されないということでよろしいでしょうか」

人事院・松尾給与局長「そういう解釈でございまして、現在までも特にそれについて議論がございませんでしたので、同じ解釈を続いているところですが、国家公務員法と検察庁法の適用関係は、検察庁法に定められている特例の解釈にかかわることでございまして、法務省において適切に整理されるべきものと」

この人事院の答弁を踏まえ森法相は、法務省としては、定年延長については国家公務員法が適用されると解釈したと説明した。後藤議員はさらに、政権に近いとされる黒川氏の定年延長は、安倍政権が桜を見る会やカジノの問題を抱えているためではないかとただした。

国民民主党・後藤祐一議員「なんでここまで無理して黒川検事長を定年延長したんですか、守護神としてやっぱり残したかったからなんじゃないですか」

安倍首相「何とかの勘ぐりではないのかなとこう言わざるを得ない」

安倍首相は、あくまで法務省から出された人事案を内閣として認めたものだと強調した。