菅官房長官は新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、日本では流行している状況ではないとの認識を示した。

菅官房長官「国内で流行していると判断するに足る疫学的情報が集まっているわけでなく、今後、感染経路を含め早急に疫学的な情報を収集している」

また、安倍首相は14日朝、記者団に対し、各地の自治体と連携し検査態勢の拡充や感染者の治療態勢の充実を一層加速する考えを示した。その上で「感染の拡大を抑えるとともに、感染者の重症化防止に取り組んでいく」と強調した。