政府の新型コロナウイルス対策本部の会合が開かれたのを受け、萩生田文部科学相は記者団に対し、全国一律の休校要請について「延長しない」と明言した。

萩生田文科相「政府として要請した春休み前までの一斉休業(休校)については、延長しないということを確認しました」

萩生田文科相はまた、来週の早い段階で自治体などに向けて学校再開のためのガイドラインを示す考えを明らかにした。

一方、これに先だって行われた政府の対策本部で安倍首相は、大規模イベントの自粛について「専門家会議から、主催者がリスクを判断し、慎重な対応が求められるとの見解が示された」と指摘した。その上で、今後、主催者が開催の判断をする場合には、専門家会議が示した感染症対策の例を参考にするよう呼びかけた。

また、専門家会議が、努力を続けなければ患者の急激な増加が生じる可能性を指摘したことに触れ、感染の連鎖を断ち切るためのクラスター対策の強化や、重症者への医療に重点を置く体制の整備に全力で取り組むと強調した。