森友学園をめぐる公文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局・元職員の妻が「安倍首相は国会の発言で改ざんの原因をつくった」などとするコメントを発表したことを受けて、野党議員は安倍首相の認識をただした。

自殺した元職員の妻が「改ざんの原因」と指摘した安倍首相の発言は森友学園への国有地売却問題について、「私や妻が関係していれば辞める」というもの。

立憲民主党・福山幹事長「『安倍首相は2017年2月17日の国会の発言で、改ざんが始まる原因をつくりました』。これ、赤木(元職員の)夫人が発信をされた文書です」

安倍首相「(財務省からは)国会審議において、森友学園案件が大きく取り上げられる中で、さらなる質問につながる材料を極力少なくすることが主たる目的だったとする報告がなされた」

安倍首相は、このように述べ、改ざんの目的は国会でのさらなる追及を避けるためで自らの発言は原因でないと主張した。また、野党側が求めた再調査については行わない考えを重ねて示した。

一方、元職員の妻が弔問を求めていることについて麻生財務相は、「弔問にうかがいたいというのは最初から申し上げている」と述べた。その上で、先日、妻から提訴されたことをあげ「原告と被告は裁判所以外で会うのは難しく検討しないといけない」と述べ、慎重な考えを示した。

一方、元職員の妻は代理人を通じて、安倍首相らの国会答弁について、「すごく残念で、悲しく、また、怒りに震えています。夫の遺志が完全にないがしろにされていることが許せません」とコメントし、第三者委員会を立ち上げ、再調査するよう求めました。