安倍首相は24日午後8時から、IOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話で会談し、東京オリンピック・パラリンピックの開催について協議する。

官邸関係者は24日夜の会談で、安倍首相から「延期が可能となるようオリンピック憲章の変更を要請する」との見方を示している。政府高官は「延期になることは間違いない」と話しているが、いつまで延期するかについて話題になるかも焦点。

複数の官邸関係者は、「1年以内の延期が望ましい」と話しているが、具体的な延期の幅について日本側ではまだ議論が詰まっていないという。

会談には組織委員会の森会長と小池東京都知事、橋本五輪相も同席する。