安倍首相は24日夜、IOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話会談し、東京オリンピック・パラリンピックの開催を1年程度延期することで一致した。

安倍首相「おおむね1年程度を延期することを軸として、検討していただけないかという提案をいたしました。バッハ会長から100%同意するという答えをいただきました」

電話会談で安倍首相は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大をふまえ、「アスリートが最高のコンディションでプレーでき、観客にとって安全で安心な大会とするため、おおむね1年程度の延期を軸に検討してくれないか」と提案した。

これに対し、バッハ会長は「100%同意する」と答え、遅くとも来年の夏までに開催することで合意した。

両氏はまた、東京オリンピック・パラリンピックの中止はしないことも改めて確認したという。

1年程度の延期を提案した理由について安倍首相は、「現下の感染症の広がりを見る中で、年内は難しいと考えた」と説明した。

その上で今後、来年夏までの開催を目標として、会場などの調整を進める考えを示した。