去年7月の参議院選挙で、運動員に法定の上限を超える報酬を支払ったとして、自民党の河井案里議員の秘書ら2人が、広島地裁に起訴された。こうした中、与党内からは案里議員と河井前法相に対し、説明を求める声もあがっている。

自民党・森山国対委員長「関係者の方が2人起訴されたことは、きわめて遺憾なことだなというふうに思います。政治家は自らが説明責任を果たすことは大事なことでございます」

公明党・斉藤幹事長「(両議員は)説明責任を果たしてらっしゃるとは思いません。有権者に対して、また国民に対してしっかりとした説明をしていただきたい」

与党内からも両議員に説明責任を果たすよう求める声があがる一方で、ある自民党幹部は「裁判で確定しないと処分は難しい」と述べている。

自民党は、判決が確定するまでは両議員への処分などについて、静観する構え。