政府は26日、改正特別措置法に基づく新型コロナウイルス対策本部の初会合を開き、安倍首相は、早急に基本的対処方針を策定するよう指示した。この方針には、感染症対策の実施などに関する重要事項が盛り込まれるという。

対策本部の設置により、首相が「緊急事態宣言」を出せるようになり、国民の権利を制限する措置も可能となるが、政府は「現時点で、宣言を出す状態ではない」との認識を示している。