政府が新型コロナウイルスの「まん延の恐れが高い」とする中で、菅官房長官は小中学校などを原則として新学期から再開させる方針について、「変更する必要はない」との認識を示した。

菅官房長官「まん延の恐れが高いと厚生労働大臣は判断しているものと認識しておりますが、学校再開の方針を、変更する必要はないという判断であると」

菅長官はまた、学校の再開にあたっては「専門家会議の皆さんからのご指摘をしっかり守っていくということなら問題ない」と強調した。

専門家会議は密閉空間、人の密集、近距離での会話を避けるよう求めていて、文部科学省が公表した学校再開に向けたガイドラインでは、教室などの換気を徹底することやマスクの使用などの対策が明示されている。