新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍首相は27日の国会で、首都圏でロックダウンのような事態を招けば、日本経済に甚大な影響を及ぼすと述べた。

立憲民主党の石橋議員は、東京都で新型コロナウイルスの感染者が急増していることについて、安倍首相の見解をただした。

立憲民主党・石橋通宏議員「きのう小池知事とも急きょ会談されたということですが、東京の状況について、(対策)本部長として、どういうふうに受けとめておられますか」

安倍首相「東京を含む首都圏で急速な感染拡大を回避することは、極めて重要と認識をしておりますが、仮にロックダウンのような事態を招けば我が国経済にもさらに甚大な影響を及ぼすと考えています。我々も小池都知事と同じ危機感を持って対応していきたいと思っております」

一方、緊急事態宣言を出す際、「全国的かつ急速なまん延により国民生活・経済に甚大な影響を及ぼす恐れ」が要件の一つとなるが、西村担当相は「まだその状況にはない」と述べた。

また、東京・首都圏での感染拡大は「全国的かつ急速なまん延」に当たるのかと問われたのに対しては、「東京都は全国に与える影響も非常に大きい」と指摘した上で、緊急事態宣言を出す際には専門家の意見などを聞いて適切に判断すると強調した。