拉致問題、非核化で日米韓が連携確認

韓国を訪問した河野外相はアメリカと韓国の外相と会談し、拉致問題や北朝鮮の非核化について、今後とも連携して対応することを確認した。

河野外相は日米韓外相会談に続き、アメリカ、韓国の外相とも個別に会談し、すべての場で拉致問題について取り上げた。出席者によると、米韓共に日本への協力を約束したという。

河野外相「米朝会談で北朝鮮が非核化ということを明確にコミットしてきたという意味では、新しいフェーズに入ったんだろうと思います」

また、同行筋によると、3か国の外相は今回、非核化を実現する期限についても意見交換を行ったほか、海上での物資の積み替え、いわゆる「瀬取り」など、北朝鮮の制裁逃れへの対応を加速させることなどで一致した。

ただ、米韓合同軍事演習の中止が取りざたされるなど、融和ムードが漂っているのも事実で、外務省関係者は「日本が手綱を締めなければならない」と話している。

日米韓が連携して、北朝鮮からいかに具体的な行動を引き出せるかが、今後の焦点となる。

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索