参院定数6増へ 公職選挙法の改正案を提出

自民党などは、参議院の定数を6増やす公職選挙法の改正案を国会に提出した。1票の格差を是正した上で、比例名簿上位に特別枠を設け、「合区」で候補者を擁立できなくなった県から優先的に当選させるためのもの。

野党側は「定数を増やすことは国民の理解が得られない」などと反発しているが、自民党は今国会中の成立を目指す考え。

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索