国交相の不信任案を否決…カジノ法案で攻防

国会では、カジノを含むIR(=統合型リゾート)整備法案をめぐる与野党の攻防が続いている。衆議院・本会議で野党側が提出した石井国土交通相の不信任決議案が、15日午後、与党などの反対多数で否決された。

野党側はカジノ整備法案について、課題が多く国民の理解も得られていないと追及した。

立憲民主党・森山浩行議員「20時間に満たない審議時間で、今週、内閣委員会での強行採決を画策しました。しかし、あまりにも多くの課題が明らかになっており、到底このままの形で法案を通すことはできません」

カジノ整備法案をめぐって、野党側は14日、採決を遅らせるため、石井国土交通相の不信任決議案を提出したが、衆議院・本会議で15日午後、与党などの反対多数で否決された。

これを受けて与党側は、この後、委員会を開き法案を可決する方針。与党側は法案を19日に衆議院本会議で可決し参議院に送る方針で、これに対し野党側は「あらゆる手段を使って阻止する」などと徹底抗戦の構えで、法案をめぐる与野党の攻防は大詰めを迎えている。

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索