トランプ大統領 イランへの制裁緩和議論か

アメリカのトランプ政権がイランに対する制裁の緩和を議論したと有力メディア、「ブルームバーグ」が報じた。大統領も11日、その可能性を否定しなかった。

「ブルームバーグ」が関係者3人の話として報じたところによると、ホワイトハウスの大統領執務室で9日、イラン制裁の緩和が議論されたという。

今月下旬の国連総会にあわせ、トランプ大統領とロウハニ大統領の首脳会談を実現するためで、トランプ大統領も11日、緩和の可能性を否定しなかった。

トランプ大統領「(Q:制裁緩和は?)様子を見よう。イランの体制転換は求めていない」

一方、ロウハニ大統領は11日、会談の仲介役を買って出ているフランスのマクロン大統領に「制裁が科されている限り、アメリカとの交渉は無意味だ」と伝えた。

仮に首脳会談が実現すれば、1979年のイラン革命後初めてだが、実現するかは依然、不透明。


関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索