15日のニューヨーク株式市場でダウ平均株価が過去最高値を更新し、史上初めて2万9000ドルの大台を突破して取引を終えた。

15日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、前の日の終値から90ドル55セント値を上げ、2万9030ドル22セントと、過去最高値を更新して取引を終えた。終値が2万9000ドルの大台を超えるのは史上初めて。

この日はアメリカと中国が、貿易交渉の「第1段階の合意文書」に署名した。中国がアメリカ産の農産物の輸入を大幅に増やすことなどが盛り込まれており、アメリカ経済の先行き不安が緩和されたことから買いが広がった。