アメリカの国防総省は10日、先月のイランによる弾道ミサイル攻撃で、アメリカ軍兵士109人が脳の損傷などと診断を受けていたと明らかにした。負傷者の数は、先月末時点の説明から45人増えたことになる。

トランプ大統領は攻撃直後、「死傷者はいない」として反撃を見送っていた。