WHO(=世界保健機関)は12日、新型コロナウィルスの感染拡大について終息は見通せないとしつつも、武漢市以外は「感染の速度は増していないようだ」との見解を示した。

WHOは会見で、感染が確認された国が今月4日以降増えていないことや、中国以外から11日に報告された新たな感染者の大半がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で確認されていると指摘した。

その上で、WHOの専門家は「武漢市以外では感染の速度は増していないようで、これは良い兆候だ」との見解を示した。

一方でまだ終息の時期を予測する段階にはないとした上で、引き続き国際社会の協力を呼びかけた。