日本などが入国を拒否し、13日にカンボジアの港に到着したクルーズ船「ウエステルダム号」は、14日朝から乗客の一部が下船を始めた。

カンボジア南部・シアヌークビルの港に接岸したウエステルダム号では14日午前、検疫で問題がなく航空券の手配ができている乗客から下船を始めた。港ではカンボジアのフン・セン首相も自ら出迎えた。

下船した乗客「とてもうれしいです。感謝します」

日本人5人を含む乗客・乗員2200人あまりのうち、20人が体調不良で検査を受けたが、カンボジア当局はいずれも陰性だとしている。また、現地の日本大使館によると、日本人の健康にも問題はないという。

乗客らは順次、下船して、チャーター機で首都・プノンペンなどに向かう予定だが、全員の下船には時間がかかるとみられている。