新型コロナウイルスをめぐり、中国の北京大学教授が中国当局の対応を批判する論文を発表した。中央集権的な統治の下で地方行政にゆがみが起きていると指摘するなど異例の内容となっている。

北京大学の姚洋教授は、論文で感染拡大が収束しつつある中、中国の中央政府が地方政府に経済活動の再開を求めている点に触れて「現場にとって生産復帰はとりわけ困難だ」と指摘。

その理由として「新たな感染者が1人でも出ればすぐに処分される」として中央政府による強権的な統治の下で地方行政の現場が萎縮している実態を挙げている。その上でもっと地方政府の自主性を尊重し権限を与えるべきだと訴えている。

論文では習近平国家主席に直接言及はしていないが、習指導部の下での中央集権的な統治体制を批判する異例の内容となっている。