北朝鮮は21日朝、日本海に向け、少なくとも2発の短距離弾道ミサイルを発射した。

日本政府によると、北朝鮮は午前6時45分から50分にかけ、北西部の平安北道から日本海に向け、少なくとも2発の短距離弾道ミサイルを発射した。300キロから400キロほど飛行したとみられ、日本の排他的経済水域の外に落下したと推定される。

北朝鮮の飛翔体の発射は、今月2日と9日に続き今年3回目で、韓国軍は「新型コロナウイルスで世界が困難を経験する中、非常に不適切な行為」と批判し、発射をやめるよう求めた。

こうした中、北朝鮮メディアは、金正恩委員長が20日、軍の砲撃対抗競技を視察したと伝えていて、21日の発射とも関連がある可能性がある。

また、国会にあたる最高人民会議が来月10日に開催されることが発表された。アメリカとの非核化交渉がこう着する中、金委員長が新たなメッセージを打ち出すのか注目される。

この発射について、アメリカ政府の高官は、「引き続き状況を注視し、日韓と連携していく」としている。