新型コロナウイルスの影響を受け、IOC(=国際オリンピック委員会)は東京オリンピックについて、今後、開催の延期も含めた対応を検討することを明らかにした。

IOCは22日に開いた臨時の理事会後の声明で、「聖火を温かく受け入れてくれた日本では大きな改善もみられる。人々の健康を守りながら日本で開催する自信がある」とする一方、ほかの国での感染拡大が続いていると指摘。大会組織委員会などと開催の延期を含めた協議を始めることを明らかにした。

今後の課題として、大会施設が使えなくなる可能性や、ホテルの確保などを挙げた上で、放映権保持者やトップスポンサーなどに協力を求め、4週間以内に結論を出すとしている。

また、「大会の中止は何も解決しないし、誰の手助けにもならない」として、中止は今後の議題としないことを強調した。

こうした中、カナダのオリンピック委員会は「新型コロナウイルスのリスクを踏まえ、今年夏の大会に選手団を派遣しない」と表明した。