IOC(=国際オリンピック委員会)が東京オリンピックの開催時期について、「4週間以内に結論を出す」と表明したことを受けて、選手からは今すぐ決断すべきとの批判の声が上がっている。

IOCは22日、新型コロナウイルスの影響を受けて、東京オリンピックについて開催延期を含めた対応を協議し、「4週間以内に結論を出す」との声明を出した。

これを受けてイギリスの陸上女子短距離ディナ・アッシャースミス選手は自身のSNSで、「IOCの決定を待つだけのために練習を続け、コーチやスタッフを危険にさらすのか?」と、直ちに決断するよう求めた。

さらに、前回オリンピックの陸上女子棒高跳び金メダリスト、エカテリニ・ステファニディ選手も、「延期は避けられないように思えるのに意味不明だ。なぜ待つの?」と批判している。