IOC=国際オリンピック委員会も声明を出し、24日夜に行われた安倍首相とバッハ会長の会談について「非常に友好的で建設的な会談だった」とした上で、「両者は選手の健康を守るため、東京オリンピックについて、年内の開催は見送り、遅くとも2021年夏までに開催することで合意した」と発表した。

また、聖火については日本にとどまることで合意したという。