IOCは24日、臨時理事会を開き、東京オリンピックの1年程度の延期を全会一致で承認した。バッハ会長は、新型ウイルスの大流行が世界的に加速しているとのWHO(=世界保健機関)の見解を延期判断の根拠にしたと述べた。

IOCのバッハ会長は、安倍首相との電話会談で、東京オリンピックの1年程度の延期で合意したことについて、24日、臨時理事会を開き、全会一致で承認したと表明した。

その後、バッハ会長は、ビデオメッセージで新型ウイルスの感染拡大に関し、WHOが示した認識を延期判断の根拠にしたと明らかにした。

IOC・バッハ会長「パンデミックが加速しているとのWHOの見解を受けて延期を判断した」

24日の臨時理事会では、延期の具体的な時期については決まらなかった。

AFP通信によると、今後、IOCの調整委員会と大会組織委員会との間で詳しい日程などについて協議が行われるという。