WHO(=世界保健機関)のテドロス事務局長は26日、G20(=主要20か国・地域)の首脳会議で、新型コロナウイルスについて「数百万人が死亡する可能性がある」と述べ、各国に対策強化を訴えた。

26日、G20の首脳らが行ったテレビ会議で、WHOのテドロス事務局長は、世界的大流行を意味するパンデミックが「非常に急速なペースで加速している。全ての国が積極的に行動しなければ、数百万人が死亡する可能性がある」などと述べ、強い危機感を示した。

その上で、各国に対し、「感染の疑いがあるすべての人を検査・隔離し、感染経路を特定することは、選択肢ではなく義務だ」と述べ、感染拡大の防止を強化するよう訴えた。

また、世界的に不足している医療用マスクや防護服について、全ての国に生産を増やし、輸出制限をしないよう求めた。