アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席が電話会談を行い、両首脳は新型コロナウイルスへの対応で連携していくことで一致した。

中国国営テレビによると、両首脳は日本時間27日に電話会談を行い、新型ウイルスへの対応について協議した。

習主席は、「アメリカでの感染拡大を非常に注目し心配している」とした上で、「能力が及ぶ限りの支援を提供したい」と表明した。さらに、「米中が対抗すれば共に損をする、協力が唯一の正しい選択だ」と強調した。

これに対してトランプ大統領は、「両国の間の障害を取り除き、米中両国がウイルス対策での協力に集中できるようにする」と述べたという。

米中間では新型ウイルスの発生源などをめぐり批判の応酬が続いてきたが、世界各国の感染拡大が深刻化する中、歩み寄りをみせた形。