北朝鮮に向けて金正恩委員長を批判するビラを飛ばした脱北者団体について、26日、韓国の警察当局は、団体の事務所などに家宅捜索に入りました。

この脱北者団体は先月末に北朝鮮に対してビラを飛ばし、これに反発した北朝鮮が南北共同連絡事務所を爆破するきっかけになったほか、22日の夜にもビラを飛ばしたと主張しています。

韓国政府はビラ散布を厳しく取り締まる方針を示し、警察は事実関係の把握のため、家宅捜索に乗り出しました。警察は「韓国統一省からの告発を受けての捜索」と説明しています。

一方、事務所に姿を見せた団体の朴相学代表は、「表現の自由の抹殺で、ビラ散布は生きている限り続ける」などとコメントしました。朴代表をめぐっては、23日の夜、自宅を訪ねた韓国のテレビ局の取材班に対し、拳で殴ったりレンガを投げつけたりしてケガをさせた疑いでも警察が捜査を進めています。