香港は1日、中国への返還23年を迎え、記念式典が行われました。「香港国家安全維持法」が施行され、反政府デモなどの取り締まりが強化される中、小規模ながらも抗議活動が行われました。

返還記念式典に出席した香港政府の林鄭月娥行政長官は、中国の国会にあたる全人代(=全国人民代表大会)・常務委員会で先月30日可決され、即日施行した「香港国家安全維持法」について、「中国政府と香港の関係の大きな発展で歴史的な一歩だ」と歓迎しました。

この法律は、国家分裂や政権転覆につながる行為などを処罰し、最高刑は無期懲役で、外国人も対象となっています。

式典の会場付近では国家安全維持法により、香港の高度な自治を保障してきた「一国二制度」が崩壊する、などと抗議活動が行われました。

法律の施行によって「香港の独立」を掲げるなどして抗議活動に参加すると逮捕される可能性が指摘されていて、一般市民にも不安が広がっています。

返還23年を迎えた香港は、大きな岐路に立っています。