FRBが追加利上げ決定 今年2回目

アメリカの中央銀行にあたるFRB(=連邦準備制度理事会)は、ことし2回目となる追加の利上げを決定した。さらに、これまで年3回としてきた利上げのペースは、4回に加速する見通しとなった。

FRBは日本時間14日午前3時過ぎ、3月以来となることし2回目の追加の利上げに踏み切った。

政策金利は0.25引き上げられて、1.75%から2%になった。

アメリカでは失業率が18年ぶりの低水準になるなど、FRBは雇用が順調に増えており、物価も上昇傾向にあることを理由にあげている。

また、ことしの利上げのペースについては、今回も含め「3回」から「4回」の見通しに引き上げられた。

景気の好調さが示されたことで、今後の金融政策は緩和から引き締めにシフトする見通し。

関連記事

日テレNEWS24の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索