羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。

羽生結弦、66年ぶりの五輪連覇!宇野昌磨の銀と共に歴史的快挙。

 2018年平昌オリンピックの氷の上で、私たちは奇跡を見せてもらった。

 2月17日、江陵アイスアリーナで開催された男子の決勝。羽生結弦がトップを保ち、ソチオリンピックに続く2度目の金メダルを射止めた。男子のオリンピック2連覇はディック・バトンに続く66年ぶりの快挙となった。

 宇野昌磨が3位から1つ順位を上げて銀メダル。ハビエル・フェルナンデスが銅メダルを獲得。日本がオリンピックの金と銀を並んで獲得したのは、フィギュアスケート史上初めてのことである。

 予感は朝からあった。朝の公式練習で、羽生は曲に合わせながら4サルコウ、4トウループなどをきれいにきめたあと、自分の中でイメージをするようにしばらく振り付けをさらい、まだ音楽が終わる前にジャケットを羽織った。そして中央でお辞儀し、氷から上がった。本番のためにエネルギーをセーブして周到に準備をしている。そういう印象を受けた。

羽生が、耐え抜いた右足首に感謝を。

 羽生は最終グループの、4人目の滑走だった。観客席が無数の日の丸で埋まる中、アイボリーから真っ白にと新調したコスチュームを身に着けて、出てきた羽生。怖いほど集中している真剣な表情で氷の中央に立った。

 馴染み深い『SEIMEI』のメロディが流れはじめ、4サルコウがきれいに入る。悲鳴にも似た歓声が、場内を包んだ。4トウループ、そして軸がきれいな3フリップ。一つ一つのジャンプの質の高さは、負傷する前と少しも変わっていない。4サルコウ+3トウループをきれいに降りた後、4トウループでステップアウトしたのが唯一大きなミスだった。

 最後の3ルッツではもうおそらく右足首がギリギリの状態だったのではないか。バランスを崩しかけながらも耐えたのは、彼の意思の力と体幹の強さだろう。

 滑り終えると感無量の表情をし、うずくまって右足首を押さえた。痛むのかと思ったが、耐えてくれたことに感謝をしていたのだという。

 これはもう誰も勝てない。羽生の優勝だ。そう確信した。

 フリー206.17、総合317.85という数字が出ると、会場中が熱狂的な歓声に包まれた。優勝が決まると、待機していたグリーンルームで涙ぐむ羽生の姿がスクリーンに映し出された。

怪我を乗り越えて勝利を手にした理由。

 報道陣の前に姿を現した羽生は、演技直後に勝ったと思ったかと聞かれると、「勝ったと思いました」と誇らしげに答えた。

 結局4回転はトウループとサルコウを2回ずつ入れた。このプログラム構成については、こう述べている。「今日起きた時点で考えようと思っていました。ある意味スケートができなかった期間があったからこそ、作戦ということを学び、勝つためにここに来れた」

 4ループ、そして4ルッツと挑戦し続けてきた羽生だが、勝つためには必要ないのではという声は常にあった。それが怪我をしたことにより、結局2種類の4回転で勝利をつかんだ。

 だが過去2年の間にさらに難易度の高い演技へと挑戦を続けてきたからこそ、4回転を4度という十分に難しい構成のプログラムを、怪我上がりの体で大きく崩れることなく滑り切ることができたのだろう。

「ソチオリンピックのときは、勝てるかなという不安な気持ちしかなかった。(今回は)自分に勝てたというふうに思いました」と喜びを語り、同時に支えてきてくれた人々への感謝の気持ちを何度も繰り返した。

初出場、最終滑走の重圧に耐えた宇野。

 宇野昌磨は、初出場のオリンピックで最終滑走というプレッシャーの中、歌劇トゥーランドットの『誰も寝てはならぬ』の荘厳なメロディにのって演技を開始。出だしの4ループでいきなり転倒したが、持ち直して4フリップを成功させた。

 後半の3アクセル、4+2トウループ、4トウループ、そして3アクセル+1ループ+3フリップなど、危ういジャンプもあったものの最後まで大きく崩れることなく滑り切り、後半では笑みも出た。フリー202.73で総合306.90。

 銀メダルが決定。日本男子が1位、2位と歴史を作った瞬間だった。

 宇野はこの日は朝の公式練習から、前日の疲れもあり、あまり良い状態ではなかったという。

「滑った感じ、体の感触で決していい状態ではないから良い演技はできる可能性は低いかもしれないと思いつつも、やるしかなかった。でもそういう練習もしてきたので不安はなかったです」

 オリンピック特有の緊張というものは、最後まで感じなかった、という。樋口美穂子コーチに喜んでもらえたことは嬉しい、と言いながらも、「オリンピックの銀メダルという結果に、他の試合の銀メダルという結果とあまり違いは感じなかったです」と相変わらず飄々とした表情を崩さなかった。

スペインに初のフィギュアのメダルが。

 ハビエル・フェルナンデスは『ラ・マンチャの男』のフリーで4トウループ、そして4サルコウ+2トウループ、3アクセル+3トウループと快調に演技を展開していった。だが後半に入ったところで予定していた4サルコウが2回転に。その後5度の3回転をきれいに降りて、フリー197.66、総合305.24を獲得して3位。

 スペインにフィギュアスケートで初のオリンピックメダルをもたらした。

「自分にとっても、そしてぼくを支えてきてくれた家族にとっても大きな意味のあるメダル」と喜びを語った。

 フェルナンデスは、前回ソチオリンピックで4位と惜しいところでメダルを逃した。「(4年前の)ソチオリンピック当時より、選手としても人間としても成長できたと思います」と感慨深く語ったフェルナンデスだが、ミラノ世界選手権に出場するかどうかは、これから考えて決めるという。

総合4位は中国のボーヤン・ジンに。

 中国のボーヤン・ジンは、『スター・ウォーズ』のプログラムできれいな4ルッツから演技を開始。後半の4トウループで転倒したものの、4サルコウ、4+2トウループと3度の4回転と3アクセル2度の演技を滑り切り、194.45を獲得した。総合297.77で4位になった。

「ここの結果は自分にとって良かった。ぼくはまだ若いし、まだまだ先がある。これからも努力をし続けていきます」と20歳のジンは、通訳を通してコメントした。

最後の演技で3アクセルを降りたチャン。

 パトリック・チャンは演技前に「オリンピックアイスの上で、(苦手な)3アクセルを成功させたい」と語っていた。
 冒頭の4+2トウループは成功させたが、次の4トウループは体が途中で開いて3回転に。だが次に3アクセルを降りて、ループを間に入れて2サルコウをつけた。
 後半の2度目の3アクセルは、彼の恐らく競技人生最後の3アクセルである。勢いをつけて跳び、片手をついたもののしっかり回り切った。だがループが2回転になるというミスがあり、フリー173.42、総合263.43で9位に終わった。

「3度のオリンピックの中で、最高の体験だった。自分のプログラムを楽しみながら最後まで滑り切ることができて、幸せな気持ちで終えることができました」と満足げに語った。

フリーでは1位だったネイサン・チェン。

 前半のグループで素晴らしい演技を見せたのは、アメリカのネイサン・チェンだった。SP17位というショッキングな結果から一夜明け、フリーでは6度の4回転に挑んで5度成功させるという快挙を成し遂げ、フリー215.08という史上3番目に高いスコアを手にした。

「今日はもう失うものがないと思った。プレッシャーなどは忘れて、自分のために滑ろうと思いました」と演技後に語ったチェン。総合297.35で5位となった。

 同じくアメリカの若手、ビンセント・ゾウは5度挑んだ4回転のうち3度をクリーンにきめて、総合6位と健闘した。

 田中刑事は、冒頭の4サルコウをきれいに成功させるも次の4サルコウで転倒。後半の2度目の3アクセルも転倒したが、後半盛り返して3ルッツ+2トウループ+2ループなどを降り、最後までよく体が動いて精いっぱいの演技を見せた。フリー164.78で15位、総合244.83で18位。「準備できるものはしきってここに来たけれど、それを試合に出す難しさというのが身に沁みました」と演技を振り返る。それでもフリーの後半では「団体戦よりはしっかり意識が通って、最後にリカバリーもできた」と少し安堵の表情も見せた。

 全体的に見て、オリンピックの大舞台に相応しい、素晴らしい男子の決勝だった。

文=田村明子

photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索