迷える巨人に今一番必要なのは、FA戦略の休止ではないだろうか……。

迷える巨人に今一番必要なのは、FA戦略の休止ではないだろうか……。

 巨人が積極的な補強を進めているが、私は評価していない。

 FA権を行使した選手は炭谷銀仁朗(捕手・西武)、丸佳浩(外野手・広島)、それ以外では中島宏之(内野手・オリックス)、岩隈久志(投手・マリナーズ)、ビヤヌエバ(内野手・パドレス)を獲得している。

 炭谷は通算653安打、打率.212、ゴールデングラブ賞2回という完全なディフェンス型キャッチャーで年齢は来季で32歳を迎える。

 巨人には小林誠司(来季30歳)、大城卓三(同26歳)、宇佐見真吾(同26歳)、岸田行倫(同23歳)という一軍クラスのキャッチャーが複数いて、岸田以外は若手とは言えないので、来季きちんと起用しなければ“旬”を逃すことになるのではないか。そういう状況で炭谷はFA権を行使して移籍してくるのである。

 小林は2013年のドラフトで石川歩(ロッテ)の外れ1位で入団して以来、3年目の'16年に100試合以上マスクを被り、'17年春に行われたWBCでは全試合にスタメン出場し、持ち味のディフェンス以外でも打率.450(安打9)、本塁打1、打点6を記録している。

 この小林のことを考えるとき私はいつも阿部慎之助の若い頃を思い出す。

長嶋が阿部を育てた時は……。

 阿部は新人年の'01年だと.225という低打率ながら127試合に出場していた。

 チーム成績を振り返れば優勝したヤクルトとはわずか3ゲーム差の2位である。チーム防御率は前年の3.34(リーグ1位)から4.45(リーグ6位)まで落ちた。前年101試合に出場しているベテランキャッチャーの村田真一をレギュラーで起用すればヤクルトとの差はひっくり返ったかもしれないが、この年限りで監督の座を原辰徳に譲ることを決めていた長嶋茂雄監督は“10年の計”で阿部をレギュラーキャッチャーとして起用し続けた。

 その成果は原体制以降の17年間('02〜'18年)でリーグ優勝7回、日本一3回という成績にしっかり反映されている。こういう起用法を高橋由伸前監督やフロントは考えなかったのだろうか。

巨人の捕手獲得に一貫性はあるか?

 資金力のある巨人と言っても、他球団の超一流選手は国内よりメジャーリーグでプレーする傾向にあるので、チームの補強はドラフトを主体に考えなければならない。

 しかし、'13年に小林を1位指名して以降、'15年に宇佐見を4位、'17年に岸田を2位、大城を3位で獲得しているのである。

 '13年と'17年は完全に即戦力型のキャッチャーをめざした指名だったはずなのに、今オフに炭谷を獲得していることから考えると、その2回のドラフトは失敗だったことにならないか。

 ドラフトを考えるとき、1回の失敗は1年の遅れだけにとどまるものではないのである。

 他球団が成功していれば2年の遅れにもなるわけだ。

巨人のFA戦略を検証すると……。

 '13年に小林を1位指名したとき、広島は1位大瀬良大地、2位九里亜蓮、3位田中広輔、5位中村祐太という完璧な指名をしているのでここで2年の遅れを取っている。

 宇佐見を4位指名した'15年、広島は1位岡田明丈、5位西川龍馬を指名しているので、ここでも2年の遅れを取っている。

 広島の3連覇に対して、巨人が過去3年間で2位→4位→3位にとどまっているのは、ドラフト戦略からだけ見ても、至極当たり前なのである。

 丸はもちろん戦力になると思う。

 来季の巨人の外野陣は陽岱鋼、丸、長野久義が主体になり、'18年に中日から移籍したゲレーロ、'18年に自身2度目の規定打席に到達し、107安打を放った亀井善行は控えに回るだろう。

 中堅の橋本到は楽天に移籍し出場機会が増えそうだが、残留する重信慎之介、立岡宗一郎は割を食いそうだし、二軍で2ケタ本塁打を放った石川慎吾、和田恋は限定された出場機会しか与えられないだろう。

 丸の獲得は自軍の戦力アップ以外にも広島の戦力低下の狙いもありそうだが、西武や日本ハムの過去の例を見ればわかるように、主力選手の流出には新陳代謝を促すというプラス面があることは、決して無視できない。

主力流出の後には若手が伸びる!

 来季の広島外野陣は、センター、ライトを野間峻祥、鈴木誠也で固め、レフトをバティスタ、西川龍馬、松山竜平で競わせるだろうし、次代の正捕手争いから外れた坂倉将吾、中村奨成を外野に回す中長期プランだってできそうだ。

 広島の例を見るまでもなく、主力の流出により新たなプランがそこから生まれるということがよくわかるのではないだろうか。

 と同時に、他球団の主力獲得は自軍の若手の出場機会を奪うということもよくわかる。

 制度導入の1993年以降、巨人はFA権を行使した24人を獲得しているが、成功しているとはっきり言えるのは小笠原道大('07〜'13年)だけではないだろうか。

 それでも巨人はFA戦略を止めようとしない。選手からすればベテランになってから高い契約金と年俸で獲ってくれるありがたい球団だが、若手の生え抜きにはキツイ球団になってしまっている。

栄光の直後に暗黒時代が。

 この暮れに、『ドラフト未来予想図』(文藝春秋刊)という本を出版したのだが、各球団の黄金時代と暗黒時代を対比させようと調べたら、その両者の間には1〜4年間の猶予しかなかった。

 近年では中日が'10年、'11年と連覇した後で、6年連続Bクラスの始まった年が'13年なので、猶予期間はたった1年しか無い例となった。

 巨人のBクラスは最長で2年なので暗黒時代はまだ訪れていない珍しい球団だが、かつての凄みが失われていることも、また同時に明らかである。

 ドラフト下手の球団をAクラスになんとか留める戦略……「FA戦略」の効用はそれくらいしか思い当たらない。今後、鹿取義隆GMから球団の舵取りを託された新体制は、明確な戦略を打ち出せるのだろうか――。

 私は、巨人はしばらくFAを封印したほうがいいと思っている。それがとりあえず今の巨人の最高の戦略である。

文=小関順二

photograph by Kyodo News


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索