クロップの運か、ケインの帰還か。CL決勝の趨勢を決める重要な要素。

クロップの運か、ケインの帰還か。CL決勝の趨勢を決める重要な要素。

 たったひとつしか負けていないのに、失点22はリーグ最少なのに、リバプールはプレミアリーグで優勝できなかった。ビルヒル・ファンダイクが年間最優秀選手に輝き、サディオ・マネとモハメド・サラーが揃って得点王を獲得したにもかかわらず、イングランドの頂点には立てなかった。

「美しすぎる敗者」

「史上最も価値のある2位」

「ヤツらは最高だ」

 各方面からリバプールの善戦を称える声が聞こえてくる。マンチェスター・シティとのマッチレースは究極のレベルと極上の興奮を伴い、アタッキング・フットボールの魅力を世界中にアピールした。惜しくもタイトルに手が届かなかったとはいえ……。

リバプールはまだ何も手にしていない。

 そう、今シーズンのリバプールはまだ何も手にしていない。誰もが納得し、絶賛するパフォーマンスであっても、最終的な答には行きついていない。ここが彼らのジレンマだ。

 昨シーズンもチャンピオンズリーグの決勝に進出しながら、レアル・マドリーに敗れている。高いインテンシティで主導権を握ったものの、最終的には1−3で屈した。今シーズンのプレミアリーグも含め、なぜリバプールの努力は実を結ばないのだろうか。

 とにかく、チャンピオンズリーグは絶対に勝ち取らなければならないタイトルだ。仮に敗れるようだと無冠に終わる。プレミアリーグで歴史に残るシーズンを過ごし、チャンピオンズリーグ準決勝でバルセロナに奇跡の逆転勝ちを収めたにもかかわらず、優勝カップを掲げられないなんてあまりにも不条理だ。神様を疑いたくなる。

 2018-19シーズンのリバプールは最高にカッコいいチームだが、タイトルを獲らないといつか忘れられる。その美しい想い出を永遠に記憶するためにも、チャンピオンズリーグは是が非でも手繰り寄せなければならない。

トッテナムの不安要素は両SB。

 リバプールが決勝で相まみえるのは、同じプレミアリーグのトッテナムだ。リーグでは今シーズンもホーム、アウェーともに2−1で退けている。クロップ体制下の4シーズンの戦績も3勝4分1敗。ただ、3勝のうち2回が1点差であり、試合終盤にゴールが決まる劇的な展開の連続だ。両チームの間に大きな実力差はない。

 リバプールがバルセロナ戦で奇跡を演じたように、トッテナムも準々決勝のシティ戦、準決勝のアヤックス戦をドラマティックな展開で勝ち抜いてきた。左足首の負傷で大詰めの6試合を欠場したハリー・ケイン、疲労のために動きが鈍ったヤン・ベルトンゲン、トビー・アルデルバイレルトも、体調を整えて決勝の舞台に立つ公算が大きい。

 しかし、トッテナムは両サイドバックに不安がある。

 ロシア・ワールドカップの疲労を引きずったキーラン・トリッピアーは精彩を欠き、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失う期間もあった。ただ彼に代わる右サイドバックは戦術理解力に難があるセルジュ・オーリエだ。左サイドバックのベン・デイビスは堅実だがスピードは並で、ダニー・ローズは、クロスに雑さがある。

 一方、リバプールの両ウイング、マネとサラーの破壊力は世界でもトップランクだ。ファンダイクが操る絶妙のフィードも含め、トッテナムの両サイドを自陣にくぎ付けすることも可能だ。

アーノルド&ロバートソンの成長。

 そしてサイドバックである。

 右にトレント・アレクサンダー・アーノルド、左はアンドリュー・ロバートソン。リバプールの両サイドバックは急速に成長している。ファンダイクの的確なコーチングに助けられもしたが、攻撃参加のタイミングに成長の跡が見られ、リバプールの得点力アップ(昨シーズン比+5)にひと役買った。

 しかもA・アーノルドは精度の高い右足でプレミアリーグ記録となる12アシストを記録し、ロバートソンも正確な左足で11アシスト。ふたり合わせて23アシストは、プレミアリーグ全体のサイドバックが記録したデータの17%に、リバプールの総得点では26%に相当する。

 一方、トッテナムは先述した4選手を合わせてもわずかに8アシスト。デイビスはゼロに終わった。闘い方の違いこそあるものの、分が悪い。

 さらに、リバプールのA・アーノルドとロバートソンは後半の追加タイムでもスプリントを繰り返せるが、トッテナムのサイドバックは機動力とスタミナでやや苦しい。チャンピオンズリーグ決勝でも、このポジションの実力差が勝負を分けるのではないだろうか。

ケインが中央で辛抱できるか。

 ケインはトッテナムの大エースだ。今シーズンは左足首の故障に苦しみ28試合の出場に終わったものの、トップスコアラーのマネ、サラーとは5ゴール差の17得点を挙げている。フル稼働できていたら、あと5、6試合ほどピッチに立てたら、2シーズンぶりの得点王に輝いていたに違いない。

 しかし、執拗なマークを嫌ってサイドに流れ過ぎる悪癖がある。サイドで基点になったり、彼が空けたスペースに2列目が進入したり、ケインの動きが無駄になっているわけではないが、やはり大エースは真ん中でドーンと構えているべきだ。

 ケインがどれだけ辛抱できるか、ファンダイク、ジョエル・マティプ(あるいはジョー・ゴメスか)のマークを楽しめるような余裕を持てるかが、トッテナムを大きく左右するはずだ。

 また、ローズ、オーリエ、エリック・ダイアー、ダビンソン・サンチェスなど、ボールコントロールにやや不安のある選手はスタメンから外してはどうか。パスを受ける姿勢が悪かったり、トラップがほんの少しでもズレたりすると、ゲーゲンプレスの餌食になる。自陣でボールを失い、サイドも制圧されると、挽回できない。

クロップ監督には嫌なジンクスが?

 同国対決は通算7回目、プレミアリーグ勢同士は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッド対チェルシー戦以来11年ぶり2回目となる。

 リバプールは昨シーズンに続き、通算9回目の決勝進出。一方のトッテナムはクラブ創設137年にして、初のファイナリストだ。経験則では相手にならないが、リバプールのユルゲン・クロップ監督には嫌なジンクスが付きまとう。カップファイナルを7回経験し、わずか1勝……。

 いや、データはあくまでも目安だ。ビッグファイトならではの高揚感が、否定的要素を打ち消してくれるだろう。リバプールもトッテナムも、幾多の困難を克服しながらファイナリストの座を勝ち取った。決勝の地ワンダ・メトロポリターノでも、リスクを恐れぬ積極的なファイトで世界中のフットボールファンを魅了するに違いない。

 かのウィンストン・チャーチルはこう言った。

「成功とは、失敗を重ねても努力を続けられる才能のことである」

文=粕谷秀樹

photograph by AFLO


関連記事

おすすめ情報

Number Webの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索