<U-23アジア選手権、日本にとって最終戦となったカタール戦は1−1のドローに終わり、森保一監督率いるチームは2敗1分けで大会を去ることになった。3戦目のカタール戦で試合を大きく分けたのは、田中碧の退場だったのは間違いない。>

 この試合でまず触れておきたいのは、VARによる田中碧の退場のシーンです。ボランチとしてみれば、あそこのスペースで足を伸ばしてボールを獲りに行かなければならない場面。田中碧としてはとても上手く奪ったように見えました。

 ただその際、足がボールに乗った形になった分だけ田中碧のスパイクの裏が見えて、少し足が滑った。そこにカタールの選手の足が入り込んでしまった。

 またカタールが同点に追いついたPKのシーンも、齊藤(未月)の足が先に入ったところに、カタールの選手がシュートを打とうと足を振って、それが当たった形。こちらはVARでの確認はありませんでした。

 両方とも厳しく、不運な判定だったと感じます。

 ここ近年でVARは各国リーグ戦や国際大会で導入されています。今までは結果的に足がかかったとしてもプレーオンだっただろう場面で、VARによってPKやカード対象となるケースがある。

 攻撃側には有利で、守備をする側にとっては難しい対応を迫られるシーンは増えました。それを頭に入れてプレーする難しさは間違いなくあります。

福西が求める“ガチャガチャした状況”。

 ただPKのシーンが象徴的なんですが、カタールは強引にでもドリブルでペナルティーエリア内に入ってガチャガチャした状況、つまり“PK判定など何かが起こる”ような形を作ろうとしていました。

 齊藤の前に対応していた橋岡(大樹)としては、できる限りのことをしていましたが、カタールの20番マジードにダブルタッチでかわされた瞬間、足を出せなくなるんですね。

 一方、カタール戦を含めて日本は今大会通じてペナルティーエリア内に入り込む動きが少なかった。「なんで積極的に入っていけないんだろう?」と感じますよね。

 アジアでの戦いは相手が守備に6〜8人と人数をかけてスペースを消してくる。だからキレイに崩そうとしても難しい。だからこそボールを受けてターンして、ドリブルしてファールをもらいに行ったり、相手に当たったこぼれ球を詰める……そういった姿勢が必要でした。

点を取るための工夫が足りない。

<今大会、日本は3試合で3ゴール。得点数以上に目に映ったのはゴール前へと侵入していくようなチャンスメークの少なさだ。そこについて福西氏は、予備動作の少なさを指摘している。>

 サウジアラビア戦、シリア戦で足りなかった気持ちの部分は出ていたと思います。ただ「戦う」といったメンタルは、プロの選手として戦うならどんな試合でもベースとしてあるべきもの。では点を取るために、前線のアタッカーたちはどのように動くのか。そういったところで具体的な工夫が足りないし、頭を働かせきれていなかった。

 前線に人数がいても前線の流動性がなく、動き直さずとどまっている。すると縦パスを入れたとしても相手のマーカーが捕まえやすくなるんです。

 カタール戦で見受けられたケースを説明しましょう。相手が5バックでかまえているため、ボランチがボールを持って入れようとしても、日本の1トップ2シャドー、そして高い位置を取った両サイドの選手全員にマークがついている。

 ここで食野(亮太郎)や旗手(怜央)がボールを受けたとしても、相手のストッパーがついたままの状態になりますね。それでは全く相手の守備陣形は崩れていません。そこで少しでもボールを受ける前の予備動作で相手守備陣のライン、ブロックをずらしたかった。そういった工夫が明らかに少なかったんですね。

足りなかったアピールと意思疎通。

 また優位な状況はお互いの連係によって生み出すもの。たとえばこの日、右サイドに入った相馬(勇紀)は1対1の勝負でずっと勝てていましたよね。それならば右シャドーに入っていた旗手は、ボールを持っていない場面でも「相手サイドバックを相馬から遠ざける」ような動きを見せてもよかったのではないか。

 もし1トップの小川(航基)の前に走り込めば、相手サイドバックが旗手のマークを意識する可能性が生まれる。そうすればさらに相馬が使えるスペースが広がるし、斜めに走り込めば相馬がクロスを上げた際に小川、食野に加えて旗手もゴール前にポジションを取れますよね。

 ドリブルで仕掛けていこうとした食野についても、相手がカバーに来ることを想定して、次に味方とワンツーでさらに抜け出るイメージがあったか。どちらもこれは攻める際の基本的なもの。“おとり”になるなど「相手を崩す動き」が全然見えなかった。

 これは「オレはこういった動きをするから、こう動いてくれ」というコミュニケーションが少なかったからなのでは。個人の持ち味をアピールするとともに、自分の良さを周囲に伝える姿勢。今大会では足りなかったと言われても仕方ないでしょう。

本番までにどれだけ成長できるか。

<攻撃陣の停滞に守備でのミスによる失点と、拙い試合続きだったU-23日本代表。東京五輪メンバー入りへのサバイバルだったことを思うと、3試合で終わったのは非常に物足りなく映る中で、力を発揮できた選手はいたか。福西氏は「あえて」という条件付きで挙げたのは……。>

 今大会でアピールできた選手……これは「あえて挙げれば」という言い方になりますが、田中碧でしょうか。冒頭で話したカタール戦のレッドカードは不運でしたが、サウジアラビア戦も含めて、状況に応じたプレー判断が比較的できていました。パスを配球するだけでなく、前線に飛び出すことも何回かあった。攻撃が膠着する時間帯が多かった中で、田中碧がボールを持つとゲームが動く印象を受けました。

 昨年10月のブラジル遠征では2ゴールを挙げて、昨シーズンのJリーグではフロンターレの主力となりました(ベストヤングプレーヤーを受賞)。ただフロンターレでは経験豊富な選手が多い中でプレーできている一方で、五輪代表では自ら引っ張る立場になってほしいとも感じます。そこは本人も意識しているはずでしょう。

 田中碧の名前を挙げましたが、誰もがこの結果を、危機感を持って受け止めないといけない。3月の五輪代表戦で堂安(律)に久保(建英)、冨安(健洋)に中山(雄太)、板倉(滉)といったメンバーが招集されれば、外れる選手はいるわけです。

 だからこそ東京オリンピックまでの約半年という短い期間でどれだけ成長できるか。そういった意味では、本当に五輪メンバーに生き残ろうと思う選手がいるのか。この数カ月がサッカー人生において大きな勝負になります。

 新シーズンで圧倒的な力を見せてやる――というくらいの気概を見せられるか。そういった意味で、来月のJリーグ開幕を楽しみにしています。

(構成/茂野聡士)

文=福西崇史

photograph by JFA/AFLO