松岡修造がパラアスリートと真剣に向き合い、その人生を掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。第11回目のゲストは車いすフェンシングで東京パラリンピック出場を目指している加納慎太郎さん。

 左足を失うことになった16歳のときのバイク事故。そのときの状況を松岡さんに訊かれ、静かに語り始めた。

最初は「ボート選手になろうと思った」。

松岡「バイクの事故で足を失ったのは、高校生の時だったと」

加納「僕が16歳の時でした。高校を中退して、若干道を外れた時で……」

松岡「差し支えなければ、どんな状況だったのか伺っても良いですか」

加納「元々は剣道をやりたくて高校に入ったんですけど、それを辞めて、違うことに挑戦しようと思ったんです。具体的に言うと、ボート選手になろうと思った。お金が稼げると聞いていたし、体が小柄なのも逆に有利に働くと聞いたので。そのためにまずお金を貯めようと思って、働き始めて。そのバイトの帰り道に事故に遭ったんです」

松岡「乗っていたのは原付バイクですか」

加納「いや、400ccの単車です。誰かとぶつかったわけではなくて、単独で。1人で転けちゃって」

松岡「スピードの出し過ぎですか」

加納「いや、法定速度内でした。ちゃんとヘルメットも被っていたんですけど、運転が下手くそだったんでしょうね。スリップして、転倒して、立ち上がろうとしたら立ち上がれなくて。よく見ると足がバイクに挟まって、そこから骨のようなものが出てました」

松岡「その時はまだ手術をすれば治るだろうと」

加納「そうですね。そんな感覚でした。でも、立ち上がれなくて、どんどん下が血の海になっていくし、実際は皮膚一枚で足がつながっていた状態だったんです。すぐに周りにいた人が駆けつけてくれて、救急車を呼んでくれました」

「1週間後にはもう、病院内で車いすレースを」

松岡「すぐに手術をしたんですね」

加納「はい。麻酔を打たれて、医者には『壊死するかもしれない』とその場で言われました。切断した方が良いと言われて」

松岡「いきなりですか!」

加納「いや、そういう説明を両親が受けていたみたいです。僕はまだ16歳で未成年だったし、麻酔を打たれて意識が朦朧としてましたから。後で聞いた話によると、両親は足をつなげて欲しいと懇願したみたいで、それでいったんつなげたそうですけど、やっぱり壊死は避けられず。その2、3日後にまた手術を受けて、左足を切断するに至りました」

松岡「まだ高校生の年齢ですよね。僕は同じような体験をした方に2人ほど話を聞いたことがあるんですけど、若いからかなかなか立ち直れなかったって。慎太郎さんはどうでしたか?」

加納「僕はけっこう立ち直りが早くて、1週間後にはもう、病院内で車いすレースをしてましたね」

松岡「(あ然として)どうしてですか。失礼な言い方だけど、そこはちゃんと落ち込んだ方が良いと思うんですけど」

加納「すごく落ち込んではいたんですけど、両親や周りの人を心配させたくないというのもあったんです。元気を装っているところも多少はあって、障がいをちゃんと受容するまではやはり10年くらいかかったと思います」

松岡「10年ですか!」

加納「本当に障がいを自分の中で受容するまではそれくらいかかりましたね」

「次の日からいきなり障がい者って言われる」

松岡「障がいを負って、まず負の要素として思うことはどんなことでしたか」

加納「一番は、2月3日に事故を起こしたんですけど、その日まではまったく普通で、次の日からいきなり障がい者って言われるんです。今まではフツーに高校に通っていたのに、その16歳の2月4日からはまるで違うように言われてしまう。それが僕はすごく嫌で、素直に受け入れられなかったです」

断念した……ボート選手になる夢。

松岡「それは、オレは変わっていないという思いなのか、障がいを認めたくないのか、あるいはどう受け入れたら良いのか自分でもまだよく分からなかったからなのか……」

加納「その3つ全てです。なんでそんなことを言われないといけないんだろうって思いますし、相手のその言葉から、自分をちょっと見くびっているなとか、軽蔑している意図を少なからず感じてしまう。自分はケガをする前と何も変わっていないのに、どうして変わった目で見られるんだろうって」

松岡「それは辛いですね。足を切断して、ボート選手になる夢はどうなったんですか」

加納「一応、連絡はしてみたんです。こういう足の状態ですけど、挑戦できますかって。そうしたら、正座ができないのと、転覆したときにちょっと危ないから無理でしょうと。自分でもその夢はもう諦めるしかないと思っていたので。そこからは自分の目標を見つけるのが目標になりました」

松岡「また新たな道を模索したわけですね。ただ、目標って心が前向きの時の方が見つけやすいじゃないですか。その時の心理状態はどうだったのですか」

加納「かなりやさぐれてました」

「義足になる前よりも自分をパワーアップさせたい」

松岡「やさぐれるって、久しぶりに聞く表現です。落ち込む一方だったんですね」

加納「もちろん落ち込みましたけど、一方で見返してやりたいという気持ちも持っていました。周りからそういう風に見られるんだったら、今度はそれをエネルギーに変えてやろうって。悔しい思いや悲しい思いを燃料にして、いつか自分の目標が定まったら爆発してやろうとは常に思ってましたね」

松岡「本気のターゲットをずっと探していたわけですね。自分の全てをぶつけられる対象物を」

加納「まず思ったのは、義足になる前よりも自分をパワーアップさせたいということだったんです。心技体の、体の部分で欠損して義足になった。そこを補えば体の部分でも過去の自分を超えられるんじゃないかと。それで義足について学ぼうと、義足の学校に入り直すんです」

松岡「フェンシングと全然関係ないですね」

加納「そうですね。僕、ちょっと人生を遠回りしているので(笑)。その時にまた剣道をやり始めたんですけど、やっぱり踏み込みが甘かったり、すり足が上手くできずに負けてしまう。また勝てるようになりたくて、義足を勉強しようと」

松岡「なるほど、自分に合った義足を作ることができれば、また勝てるようになるんじゃないかと」

「この競技は義足を外すから意味がないじゃないですか」

加納「で、学校に入って、50足くらい試したんですけど、最終的には自分が履き慣れたのが一番良いという結論にたどり着いて……」

松岡「遠回りしましたね(笑)。結局、元に戻った」

加納「そうなんです。その途中で、東京パラリンピックが決まったんです」

松岡「義足を作る専門学校に通っているときに、2020年の東京開催が決まった。先達の太田雄貴さんがガッツポーズをしましたね。そのシーンを見て」

加納「自分も何かに挑戦してみたい。そう思いました。今、僕は健常者と一緒に剣道をしていて、そこそこ戦えている。もしパラリンピックに剣道があれば最強じゃないかと。でも、パラ競技に剣道はない。剣を使う競技を探していくと、フェンシングがあったんです」

松岡「そこでようやくフェンシングと出会うわけですね」

加納「その時点ではもう、障がい者としての自分を受容しているんですけど、自分がそうやってリハビリが上手くできているのは、剣の道が導いてくれたからだと思えた。フェンシングもその延長線上にあると思えたんです」

松岡「今、そうとう格好良いことを言いましたよ。剣の道が導いてくれたって。でも、僕から見るとですよ、せっかく義足の勉強をしたのに、この競技は義足を外すから意味がないじゃないですか」

加納「ハハハ。それは学校の先生たちからも言われました」

松岡「お前、なんでフェンシングなんだと。これまで義足について学んできたのに、義足を使わない競技じゃないかと。そうなりますよ」

加納「でも、それはそれとして、勉強したことは決して無駄ではないと思っているので。いつか役立てたい気持ちはあります」

松岡「学校に通って、また剣道を始めて、そしてフェンシングと出会うわけですからね、剣の道に導かれていると僕も思います。その道はどうつながっていくんですか」

(構成:小堀隆司)

*本取材は緊急事態宣言が出る以前に済ませたものとなります。

加納慎太郎(かのう・しんたろう)

1985年3月2日、福岡県生まれ。小学生のときに父の影響で剣道を始める。16歳の時にバイク事故で左足を切断。事故後も義足をつけて剣道を続けていたが、2013年、28歳のときに東京2020の開催が決定。パラ競技にはない剣道から、パラ競技種目であるフェンシングに転向することを決意し、練習を始める。'16年ヤフーに入社。SR推進統括本部スポーツ事業推進室に在籍しながら、東京パラリンピックを目指している。

文=松岡修造

photograph by Nanae Suzuki