無観客という異例の事態のなか行われる「宝塚記念」。Number Webでは「こんなときこそ読んで欲しい」と思う『Sports Graphic Number』の過去の記事、「1分56秒──理想のサラブレッド、サイレンススズカ」(689号、2007年10月25日)を前後編に分けて特別に公開します。サイレンススズカの急逝から9年後、主戦の武豊騎手をはじめ、生産者や担当厩務員などに悲運の名馬についてあらためて聞きました(前編「宝塚記念馬サイレンススズカの記憶。武豊が見たサラブレッドの『理想』。」は記事最終ページ下の「関連記事」からご覧になれます。)

 武豊は、この時期のサイレンススズカをまったく別の視点から見ていた。

 1997年2月1日、サイレンススズカがギリギリでクラシックに間に合うかどうかのタイミングで新馬戦に出てきたとき、彼は藤澤和雄厩合のプレミアートというサンデーサイレンス産駒の騎乗を先に引き受けてしまっていた。武は、「失敗だった」と悔やんでいた。

「橋田先生のところからデビューする新馬が相当に走るらしいという噂が伝わってきたからです。空けておけば依頼がきたかもしれないのに……」

「あの馬に皐月賞もダービーも全部持って行かれる」

 サイレンススズカが1番人気、プレミアートが3番人気だったが、結果は、「橋田厩舎の評判馬」に1.8秒も離された5着。このときの心境を正直にこう告白した。

「あの馬に皐月賞もダービーも全部持って行かれる。痛い馬を逃がしたと思った」

 ところが、次に対戦した弥生賞は、彼が騎乗したランニングゲイルがうまく立ち回って優勝した。最も気になっていたサイレンススズカは、ゲートでのアクシデントがあって、競馬になっていなかった。

 このときは、「これで皐月賞には出てこないんだな」と冷静に見ているだけだった。この時点では武豊騎手とサイレンススズカの間につながりはなにもない。敵、それも大一番でライバルになりそうな馬と見ていただけだ。

「あの後、五百万を楽勝して、プリンシパルSも勝って、ダービーに行ったんですよね。上村(騎手)もうまく乗っていたし、ダービーも勝ってしまっても全然不思議じゃないと思っていました。

 逃げる競馬だけじゃなく、なにかを行かせてその後ろから攻める競馬もできるんだなと、フーンという気持ちで見ていたわけです」

 ダービーで見せ場までの9着に終わったあと、秋は神戸新聞杯でマチカネフクキタルに差されて2着に敗退。悪い内容ではなかったが、2連敗の責任を取らされた形で、上村がその鞍上からついに滑り落ちた。

武が自ら騎乗を頼み込んだ。

 その後は実績断然の河内洋にスイッチ。天皇賞からマイルCSへ挑戦する異例のローテーションだった。

 天皇賞は十分な見せ場を作ったが、マイルCSはキョウエイマーチとの逃げ争いに敗れ、生まれて初めて惨敗といえる負け方を経験した。古馬の厚い壁にガツンとはね返されたということもあるが、武の分析はこうだ。

「マイルのような距離では、スピードの差を見せつけるのが難しい。この馬は1800mより長い距離で、速さを持続する競馬をすると他馬との差が際立つんです」

 なかなかサイレンススズカが勝利を挙げることが出来ないなか、武とのコンビが、暮れの香港カップで初めて実現した。「ジョッキーは騎乗依頼が来るのをじっと待つしかない」と言い続けてきた武が、自分から動いたのだ。

「もし(騎手が)決まっていないのなら、お願いします」と、橋田調教師に直々に頼みこみ、さらにその場でオーナーの了承を取りつけたのだ。

秘められた素質を的確に見抜いていた。

「あのときは、なぜか(依頼に)行けましたね。乗ってみたい気持ちがふつふつと盛り上がっていたのかもしれません」

 と、武はちょっと照れたような顔で明かす。

 私は武が19歳で菊花賞を制したころから継続して話を聞いているが、こうしたケースは、サイレンススズカ以外では聞いたことがない。

 そもそも断るのが大変なぐらい騎乗依頼はくる。サイレンススズカのことを敵としてチェックするうちに、その背中に跨ることを熱望するようになったのだろう。

 つまり、この時点では8戦3勝、重賞も勝ったことがない単なるオープン馬の、秘められた素質を的確に見抜いていたということだ。

 香港の沙田(シャティン)競馬場の1800mで争われた香港カップは、「抑えられるものならそうしてみよう」と作戦を練っていたという。しかし、結局は逃げる競馬になった。

「スタートして何十メートルか行ったところで抑えるのを諦めるしかありませんでした。この前向きな気性にストップをかける術はないなと腹をくくりました」

 結果は、かなりのハイペースで飛ばしながら、最後までよく粘って1着と同タイムの1分47秒5で5着。

'98年の武は、サイレンススズカを中心に据えた生活に。

 武は掛け値なしに凄い馬だと思ったという。シャティンは力が必要で、逃げ馬には極めて厳しい馬場になっていた。そんな中で、「勝てるかも」と思わせた粘りに素直に驚いたのだ。

 その時、武は厩舎サイドに「想像していた以上に軽くて気持ちいい乗り味です。ただ、前向き過ぎる気性というのも、想像をはるかに超えていましたが(笑)」と、好印象を笑顔でまくし立てた。

 すると、5着という着順に最初はドヨンとした空気で迎えていた厩舎サイドも、大いに気をよくしたらしい。この時点で、来年の鞍上は武豊で固定というムードが出来上がった。

 '98年の武は、サイレンススズカを中心に据えた生活になった。

 わざわざオープン特別のバレンタインSに乗るために東京競馬場まで出向き、快勝。その後、中山記念(GⅡ)も勝ち、小倉競馬場が改修工事中のために中京で行なわれた小倉大賞典に挑むことになった。

 1800mの小倉大賞典では、前半の1000mを57秒7で行って、上がりは4F48秒8、3F36秒4という優秀な時計で逃げ切り、楽勝した。

58秒で逃げて58秒で上がってくる競馬もできそう。

 武は、会心の騎乗で勝つと、週明けに出る専門誌を手に、ラップの分析を進んでしてくれる。この小倉大賞典のとき、特に2ハロンロに刻んだ11秒0というラップについて、「中距離戦では滅多にお目にかかれるものではないでしょう」と、実にうれしそうだった。

 次の金鯱賞(中京2000m)は、小倉大賞典以上に会心の騎乗だったはずだ。

 2着のミッドナイトベットや菊花賞馬・マチカネフクキタルなどに1秒8という大差をつけ、1分57秒8のレコードタイムで逃げ切った。前半の1000mを58秒1で逃げて、後半を59秒7で上がった。

 このレース後もご機嫌で、こんなことを語っていた。

「夢みたいな数字だけど、58秒で逃げて58秒で上がってくる競馬もできそうな気がしてきました」

武が考える「理想のサラブレッド」とは?

 武は改めて、「理想のサラブレッド」についてこう説明する。

「競馬は、最後にいい脚を残したいから、前半を抑えて行くことを考えるわけじゃないですか。でも、本当に理想的な競馬はいきなり先頭に行って、最後もいい脚を使う。これができる馬が理想のサラブレッドなんです」

 武が金鯱賞後に語っていた数字、前半1000mを58秒で逃げ、後半1000mも58秒で上がるとすると、2000mを1分56秒ジャストの驚異的なレコードで走ることになる。最初から飛ばして逃げることで、不利を受けることもない。

 つまりは、そんな芸当ができれば、「負けようがない」(武)ということなのだ。

 武はサイレンススズカに、この驚異的なレースができる可能性を感じていたのだろう。能力だけでなく、性格も向いていた。武は以前、サイレンススズカの性格についてこう語っていた。

「ペースは速いけど、そのほうがリラックスして走れているんですよね。後ろから突かれるような逃げ方だと興奮してしまうし、ましてや前に馬がいる形だと追いかけたくてウズウズしてしまう」

 次走の宝塚記念は、皮肉なことに武豊騎手のお手馬が重なってしまった。前年の天皇賞馬、エアグルーヴも出馬することになったのだ。結局、サイレンススズカの鞍上をワンポイントで南井克巳騎手に譲った。

 結果的に、サイレンススズカのGI勝ちはこれだけだったので、今でも武はこのレースに関しては口が重い。

エルコンドルパサー、グラスワンダーに圧勝。

 夏を越して、秋の初戦に選んだ毎日王冠では、再び武が鞍上に戻った。

 迎えた強敵は、NHKマイルC(GI)を制していた5戦5勝のエルコンドルパサーと朝日杯3歳S(GI)に勝ち、ケガのため休んでいた4戦4勝のグラスワンダー。1歳年下の強力な外車たちだった。武はこう振り返る。

「これは楽しみだなって、ワクワクしましたよ。当然、(勝つ)自信がありましたから」

 その言葉のとおり、サイレンススズカは、早めに捕まえに来たグラスワンダーを突き放し、そのあとで迫ってきたエルコンドルパサーをゴール前でもう一度離してみせた。

「強い!」の一語だった。

 後に凱旋門賞で2着になるエルコンドルパサーが日本で負けたのは結局このレースだけだった。

共同記者会見で「オーバーペースがマイペース」。

 毎日王冠でのラップは前半1000mが57秒7、残りの800mを47秒2で駆けた。上がり3ハロンのタイムはレースで最速だったエルコンドルパサーから0秒1遅いだけだった。

 まさに、ハイペースで逃げて、最後も伸びるというレースを実践していた。

 この時点で、4歳時は負けなしの6連勝。内容的にもほばワンサイドの連続だった。

 そして、天皇賞を迎えた。

 追い切り後の共同記者会見で、「オーバーペースがマイペース」と言い放った武は、本気で58秒で行って58秒で上がってくる競馬が、サイレンススズカになら出来ると思っていたはずだ。

 当日の体調について、厩務員の加茂と、武は、「あのときが間違いなく一番具合がよかった」と口を揃えて言う。たしかに、そうでなければ出だしの1ハロンを13秒0とゆったり入ったあと、2ハロン目から加速して、10秒9、10秒7と2本ハイラップを続けて後続を離してしまうことなどできないだろう。武は言う。

「あのレース(毎日王冠)のおかげで、天皇賞は誰も追いかけてきませんでした。ケンカを売ったら、自分が潰れてしまうということを、みんな目の当たりにしたわけですからね」

激痛に耐えて、最後まで立っていた。

 1頭だけ別次元でレースをしているかのようだった。

 1000mの通過は57秒4。

 とんでもないレコードが出る、と期待に胸を膨らませた次の瞬間、悲劇は起きた。

 東京競馬場の不動のシンボルである、3コーナー過ぎの大ケヤキのご神木を過ぎたところだった。

 前ぶれもなにもなく、左前脚手根骨の粉砕骨折という致命的な故障が発生。後続が大きく離れていたため、武豊騎手は異変を後方馬群にアピールしながら、傷ついたサイレンススズカを馬場の外側に誘導した。

 普通ならその場に倒れてしまってもおかしくないほどの大きな故障だったのに、サイレンススズカは激痛に耐えて、最後まで立っていた。

 武はその時をこう回想する。

「あそこで倒れていたら、レースそのものが成立していなかったかもしれません。ボクも大怪我をしていたでしょうしね」

愛馬の頭を抱きながら涙も涸れ果てるほど泣いた。

 最後の力を振り絞って馬運車に乗り込んだサイレンススズカだったが、診療所の診断で手の施しようがないとされ、加茂に見守られながら安楽死の処置が取られた。その知らせは、最終レースが終了したあとで場内のファンにも厳かに告げられている。

 愛馬の頭を抱きながら涙も涸れ果てるほど泣いた加茂は、その後間もなく厩務員の仕事そのものを退いてしまった。あれほど心を通わせ合った馬を突然失い、抜け殻のようになってしまった自分がこれ以上馬に関わるのは失礼だと思ったのだという。

 感傷的になっている姿など見せたことがなかった武が、神妙な表情でこう告白した。

「今でも不意に思い出すことがあります。あんなことになってなかったらなぁって。天皇賞は間違いなく勝っていたんだろうなぁとか、そのあとのジャパンカップはとか、ブリーダーズカップも行っていただろうなぁとか、考えてしまいますね。

 サンデーサイレンス産駒の種牡馬がいま活躍してるじゃないですか。そういうのを見ると、余計に『いたらなぁ』と思います。『きっと、凄い子供が出てるんだろうなぁ』って」

ディープインパクトはサイレンススズカを差せるのか。

 これよりずっとあと、武はディープインパクトというまったく違うタイプの名馬と出会う。

 ディープインパクトはサイレンススズカを差せるのか。訊いてみると武は楽しそうにこう答えた。

「(直線に入って2頭は)すごく離れているわけですよね(笑)。う―ん、どうでしょう。分からないですね(笑)。どちらが勝つかは分かりませんが、ディープインパクトにとって、最も負かしにくいタイプであるとは言えるでしょうね」

 スーパークリーク、イナリワン、オグリキャップ、メジロマックイーン、エアグルーヴ、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、エアシャカール、クロフネ、タニノギムレット……、そしてデイープインパクト。

 数々の名馬に跨ってきた武豊をして、「理想のサラブレッド」と言わしめたサイレンススズカは、東京競馬場の最高のステージに、理想のラップを前半だけ確かに刻み、残りを我々の想像の世界に委ねたまま、静かに旅立って行った。

 11月1日、10回目の命日を迎える。

(Number689号「1分56秒──理想のサラブレッド、サイレンススズカ」より)

前編「宝塚記念馬サイレンススズカの記憶。武豊が見たサラブレッドの『理想』。」は下の「関連記事」からご覧になれます。

文=片山良三

photograph by Keiji Ishikawa(L&in the article),Takuya Sugiyama(R)