<7月1日 パ・リーグ>        

日本ハム 0−4 ソフトバンク

ソ  0 0 1 0 0 2 1 0 0 : 4

日  0 0 0 0 0 0 0 0 0 : 0

 勝:石川柊太 1勝0敗 

 負:マルティネス 0勝2敗

 ソフトバンクは1日、札幌ドームで行われた日本ハム戦を制した。

 昨日に引き続き、この試合も先制点を奪ったのはソフトバンク。3回表に甲斐拓也、今宮健太のヒットなどで一死満塁のチャンスを迎え、長谷川勇也のファーストゴロの間に1点を先制した。

 その後も着実に追加点をあげてリードを広げた。6回表、川島慶三のタイムリーヒットで1点、上林誠知の中前打でさらに1点を追加。3点差をつけて試合の流れを引き寄せた。

 対する日本ハムは続く6回裏に近藤健介、中田翔のヒットなどで満塁のチャンスを作るが、石川柊太の好投を前に活かしきれず、この回無得点に終わった。

 ソフトバンクは7回表の二死三塁の場面で柳田悠岐がフルカウントからタイムリーヒットを放ち、4点差。このリードを最後まで守りきった。

 ソフトバンクの石川柊太は6回を投げ無失点と好投を見せ、今季初勝利をあげた。

文=NumberWeb編集部

photograph by Hideki Sugiyama