コロナ禍の真っ只中、無観客で動き出した米ツアーの再開第4戦、ロケット・モーゲージ・クラシックを制したのは26歳の米国人、ブライソン・デシャンボーだった。が、その前日の第3ラウンドで彼が取った言動に「またか?」と苦笑したゴルフファンは少なくなかったはずである。

 日本のメディアはデシャンボーに「天才科学者」などと、きわめて好意的な枕詞を付けている。だが、手厳しい米メディアはむしろたっぷりの皮肉を込めて、彼を「マッド・サイエンティスト(狂った科学者)」と呼んでいる。

「アイアンの長さは、すべて同一がベストだ。それは科学的根拠に基づいている」

 学生時代から、そう主張していたデシャンボーが2015年全米アマチュア制覇後にプロ転向し、やっぱり同一レングスのアイアンをバッグに入れて米ツアーへやってきたとき、米メディアは半信半疑で、いや苦笑気味に、いやいや嘲笑さえしながら彼を「狂った科学者」と呼び始めた。

 その後もデシャンボーは次々に風変りな「狂った科学者」ぶりを披露しては物議を醸したが、世間の喧騒や批判とは裏腹に、彼は着々と勝利を挙げ、昨年までに通算5勝の実績を築いた。

10キロ近く体重を増やした巨体。

 そして、プロデビューから5年が経過した今年。新型コロナウイルス感染拡大で米ツアーが休止され、ほぼ3カ月後にようやく再開されたとき、初戦となったチャールズ・シュワッブ・チャレンジの会場に現れたデシャンボーの巨大化した姿に誰もが目を見張った。

 20ポンド(≒9キロ)以上も体重をあえて増やしたという肉体は、ボディビルダーのように筋肉が盛り上がり、巨体から打ち放たれるドライバーショットの威力にトッププレーヤーたちが揃って度肝を抜かれた。

「ブライソンは軽々360ヤード、いや370ヤード以上を飛ばしていた。びっくりした。信じられない。ほとんど人間離れしている」

 一緒に回った世界ナンバー1のローリー・マキロイは、大きな目をくりくりさせながら驚いていた。

変貌に米ツアー中が注目。

 ハイカロリーな食事を1日に6食以上も摂り、さらに補助食やサプリメントのドリンクも摂り、一生懸命に筋力増強とウエイトアップに取り組んできたというデシャンボー。

 なぜ、そんな行動に出たのか? これも「狂った科学者」ならではのチャレンジなのか? 目立ちたいだけ? またしてもお騒がせ?

 観客がおらず、話題といえば新型コロナにまつわる暗いニュースしかない米ツアーにおいて、デシャンボーの変貌は、それがいいのか悪いのかはさておき、大きな注目を集めた。

 そして彼は成績を出していった。再開初戦は3位タイ、2戦目のRBCヘリテージでは8位タイ、3戦目のトラベラーズ選手機では6位タイ。4戦目のロケット・モーゲージ・クラシックでは初日から好発進を切り、優勝戦線に加わった。

カメラマンに詰め寄って炎上。

「また、デシャンボーか?」

 SNSの世界が騒々しくなったのは、大会3日目のことだった。

 決め手のパットを何度か外し、フラストレーションを溜めていたデシャンボーの一挙一動をTV中継用のカメラマンが執拗に追いかけていた。

 そして、自身のバンカーショットに苛立ち、手にしていたサンドウエッジをバンカーの砂に叩きつけたデシャンボーは、そのときも自分に向けられ続けていたTVカメラにもっと苛立ち、カメラマンに詰め寄った。

「そこまでしつこく撮り続ける必要はあるのか?」

 ホールアウト後、米メディアからカメラマンとのやり取りや経緯を尋ねられたデシャンボーは、こう主張した。

「いくらTV中継用とはいえ、何から何まで撮影されるのでは選手のプライバシーが侵害され、ブランドイメージが損なわれる」

 この釈明が「火に油」となったことは言うまでもない。

「プロなんだからTVカメラに文句を言うなど、もってのほかだ」

「映されて困るような言動を取ることのほうが問題だ」

「また、デシャンボーのお騒がせか?」

 そんな批判や揶揄がデシャンボー本人の耳に入っていなかったはずはない。しかし、それでも彼は怯むことなく、躊躇うことなく、首位から3打差で迎える最終日を「アグレッシブに攻めるのみだ」と言い切った。

米メディアはしぶしぶ褒めた。

 そして最終日。デシャンボーのゴルフは見事だった。「今週、月火水だけで8時間も練習した」というドライバーショットは、20ポンドも増強された肉体から打ち放たれるたびに、やっぱり360ヤード、いや370ヤード近くも飛んでいた。

 アイアンショットの精度は高く、ショートゲーム、とりわけツアー休止中にさらに変えたというパッティングのスタイルも新しく持ち替えたパターも冴え渡っていた。

 8メートルを沈めた16番、絶大なる飛距離を活かして2オンした17番、ロブウエッジでピン1メートルに付けた18番。上がり3ホールを連続バーディーで締め括り、2位に3打差を付けての逆転勝利は文句のつけようのない戦いぶりだった。

「イエスか、ノーかは、さておき、勝ったのだから、ともあれデシャンボーは自分が正しかったことを実証したということだ」

 米メディアは渋々、そう書いていた。

「僕は劣等生で、いじめられっ子だった」

 それにしても、まだ謎は解けていない。なぜ、デシャンボーは物議を醸すような言動ばかりを取るのかという謎は、いまなお残っている。

 自己主張が強いから。我が強いから。そんな声が多々、聞こえてくる。

「みんなは僕のことをセルフィッシュ(自己中心的)なヤツだと思うかもしれない。でも、逆なんだ」

 優勝後、そう言ったデシャンボーの言葉こそが、謎を解くカギである。

「僕は劣等生で、いじめられっ子だった」

 いつだったか、デシャンボーはティーンエイジ時代を振り返り、そう明かしてくれた。勉強もスポーツもダメダメで、何をやるにも「僕はスローだった」。

 周囲の子どもたちから嘲笑された日々の中、デシャンボーはひたすら考えたという。

「僕には何ができるのか。何か、みんなとは違うことはできないだろうか。みんなとは違う方法はないだろうか」

 考えて考えて、努力して、模索して……その先に誕生したのが、勉強ができる秀才デシャンボーであり、米ツアーで戦うまでになったトッププロゴルファーのデシャンボーだったのだ。

同じようにできないから、違う道を探す。

「僕は自分をアピールしたかったわけじゃない。みんなと同じようにはできないから、自分なりの道、人とは違う道を必死に探っただけなんだ」

 その努力と模索が人並み外れていたからこそ、人並み外れた独自性を有する人物、突出したプロゴルファーが生まれたということなのだろう。

 かつては同一レングスのアイアンの是非を巡って父親と意見が対立し、父子分断の危機にまで瀕したが、デシャンボーは常識とは異なる我が道を信じ続け、持論をサポートする材料として「科学的根拠」を主張した。

 2017年にジョンディア・クラシックで初優勝。その後はパットの不調に喘いだが、ユニークなパッティングスタイルを考案して戦い始め、「なんだあれ?」と笑われながら2018年メモリアル・トーナメントを制して2勝目を挙げた。その年、さらに2勝を挙げ、昨年はシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレンズ・オープンで通算5勝目をマークした。

「違う道が存在することをみんなに見せたかった」

 その間、「ピン位置を正しく知るために」という理由で試合中にコンパスを使用していることがルール違反に問われ、物議を醸した。スロープレーの元凶だと名指しされ、物議を醸した。

 コンパス使用に関してはルールブックに明記されていなかったが、あらためて違反と定義されたら、デシャンボーは素直に使用を止めた。スロープレーに関しては「僕は歩くスピードは誰より早い」と反論はしたものの、ペースアップに努め、いつしか彼がスロープレーヤーだとは感じないほどになっている。

 つまり、彼は「セルフィッシュ」ではない。非を認めず我を通そうとする輩でもない。

ただ、人とは違う道、自分なりの道を見つけながら生きようとしているだけ。かつて、そうしないと生きていけなかったら、そうすることが生きることだと信じ、実践しているだけなのだ。

「僕はセルフィッシュではない。その逆なんだ。この試合では、これまでとは違う体、違うパター、違う心構えで臨み、これまでとはまったく異なるスタイルのゴルフで勝つことができた。違う道が存在することをみんなに見せたかった。それができたことが僕は何より嬉しい」

 いろんな挑戦を次々にこなすデシャンボーは器用なゴルファーだと思われているのかもしれない。だが、彼は器用なようで、実を言えば、ちょっと不器用で、だから彼はしばしば「渦中の人」になる。

 しかし、彼は決して、セルフィッシュではない。

文=舩越園子

photograph by AFLO