19日、羽生善治九段(49)と丸山忠久九段(50)による第33期竜王戦挑戦者決定戦三番勝負第3局が東京・将棋会館で行われ、羽生九段が99手で勝利。豊島将之竜王(30)への挑戦権を獲得した。

 午前10時に始まった対局は、振り駒の結果、羽生九段が先手となり、戦型は後手番の丸山九段が得意の「一手損角換わり」に誘導する展開に。中盤以降は羽生九段が徐々にリードを広げる展開となり、終盤も同じ「羽生世代」の丸山九段の反撃を許さない快勝劇だった。

 羽生九段は現在までにタイトルを通算99期獲得しており、次のタイトル挑戦では前人未到の大台である100期がかかる。自身にとって初となるタイトル獲得(1989年度)、そして「永世七冠」を決めた際のタイトルともに「竜王戦」だった。50歳で迎える今回の豊島竜王との対局(第1局は10月9日、セルリアンタワー能楽堂で開幕)も大きな注目を集めそうだ。

七冠独占の大偉業を振り返った森下九段の言葉

 Number1010号では、清原和博らへの綿密な取材で知られるライターの鈴木忠平氏が、将棋界に燦然と輝く「七冠独占」の大偉業を成し遂げた羽生九段を、対局相手の視点から追った『羽生を止めろ』を執筆している。

 その中では名人戦で対局し、行く手を阻まんとした森下卓九段に話を聞いている。当時の状況について森下九段はこのように回想している。

《集団催眠というと大げさかもしれませんが、あらゆるものが羽生さんの七冠への道をつくっていく、という感じがありました》

 トップ棋士にそう言わしめるほど、羽生九段のオーラは当時、世間を熱狂の渦に巻き込んでいたのだ。

 そんな羽生九段だが、豊島竜王への挑戦権を手にして迎える次局の対局相手は――藤井聡太二冠である。今期の王将戦挑戦者決定リーグは豪華なメンバーがそろったと話題だが、将棋界を代表するスーパースター同士が9月22日、開幕戦で相まみえることになる。

 対戦成績はここまで藤井二冠の3勝となっている。多くの棋士から“藤井くんと羽生さんは似ている”との声も挙がる中、通算4度目の対局で2人はどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

文=NumberWeb編集部

photograph by Keiji Ishikawa