9月29日火曜日(日本時間30日)から始まるメジャーリーグのプレーオフは、今季から導入された「先に2勝した方が勝ち上がる」ワイルドカード・シリーズ(WCS)で幕を開ける。

 WCSは東、中、西の3地区の優勝チーム=ペナントレースの覇者と、各地区2位の最高勝率チームの4チームの本拠地でオフ日なしの最大3連戦で開催され、各地区2位の残り2チームと、ワイルドカード=各地区3位以下の勝率上位2チームがビジターチームとなる。

 WCSを勝ち上がったア・リーグの4チームはカリフォルニア州(ドジャース本拠地とパドレス本拠地)、ナ・リーグの4チームはテキサス州(レンジャーズ本拠地とアストロズ本拠地)で「先に3勝した方が勝ち上がる」地区シリーズ(DS)を最大5連戦で行う。DSを勝ち上がったチームは、ア・リーグがパドレス本拠地で無観客のまま、ナ・リーグがレンジャーズ本拠地で収容人員の50%程度の観客を入れて、「4勝した方が勝ち上がる」リーグ優勝決定シリーズ(CS)を最大7連戦で行う(テキサス州の承認待ち)。そして、2020年のメジャーリーグ王者を決めるワールドシリーズは、レンジャーズ本拠地で開催されることが決まっている(なぜかワールドシリーズだけは通常時と同じように「移動日=オフ日」が最大2日間、設定されている)。

プレーオフの拡大案は16チームではなかった

 ロブ・マンフレッド・コミッショナーは9月22日、『USA Today』の取材で、マーリンズやカージナルスなどで新型コロナ感染者が出ながらシーズンが佳境を迎えたことに安堵のコメントを残しながら、今季のプレーオフ形式に言及している。

「(プレーオフ進出が)16チームというのは2020年のユニークな環境での本当に良い解決策でした。はっきりさせておきたいのは、新型コロナの影響が出る前から話し合っていたプレーオフの拡大案は16チームではなかったのです。それは14チーム以上のものではありませんでした」

『USA Today』によると、昨年の冬に話し合われていたプレーオフは各リーグ7チーム、計14チームによるもので、今季限定の形式で示されたように各地区2位が無条件でプレーオフに進出するか、各地区優勝チーム以外の4チームがすべて勝率上位のワイルドカードとなる計画だった。それは今オフも継続して審議される議題であるが、ワールドシリーズが終わった時点で今季のプレーオフ形式に成功の実感が残るようなら、来季も継続されるような気がする(記者間の噂では、指名打者制度のナ・リーグ導入以外の「今季特別ルール」=延長戦のタイブレーク制や登録選手枠の拡充などは「今季限り」らしい)。

 なぜなら、MLB再開を前にマンフレッド・コミッショナー=経営者側と選手組合が「今季の年俸は出場した試合数の日割り満額か否か」を巡って対立した時、プレーオフの拡大が唯一の解決策のように言われていたからだ。

 無観客での公式戦開催と試合数の大幅縮小で各球団の収入が大きく落ち込んだ今年のプレーオフ。その収入源を確保するために、新設したWCSという未知なるシリーズのお陰で追加の放映権やスポンサーシップが加わったのだから、来季のプレーオフが今年と似たような形式になったところで驚くようなことではないだろう。

 16チームによるプレーオフ形式は、もっと先の未来を暗示している。

 MLBが現在の30チームから32チームに球団数を拡張しようとしているのは以前のコラムでも書いたが、実際にそうなった時にはかなりの確率で今季のプレーオフ形式が採用されるのではないか。

 MLBが拡張される日は、そう遠くない。

ラスベガスやナッシュビルにMLB本拠地を誘致?

 かつて「野球賭博に関係するから(球団保持は)不可能だ」と言われていたカジノで名高いネバダ州ラスベガスは、当地で今季からNFLフットボールの新本拠地が誕生したこともあり、MLBの誘致への障壁が取り除かれたと言っていい。そういう場所に開閉式ドームの野球場を建設してMLBチーム(ダイヤモンドバックス)を誘致するという話が出ているのは自然なことで、それらの地域同様、「カントリーミュージックの聖地」として知られるテネシー州ナッシュビルにMLB本拠地を誘致するグループが誕生するなど、コミッショナーとオーナーたちが推進する経営方針に追い風が吹いている。

 9月には米人気歌手で俳優としても有名なジャスティン・ティンバーレイク氏が、ナッシュビルの誘致グループ「ミュージック・シティ・ベースボール」への参加を表明し、テネシー州の地元紙にこう説明している。

「僕はミュージック・シティ・ベースボールの野球と音楽を融合させたユニークな形で人々を楽しませるというビジョンを信じています。そしてMLBを音楽の街に持ってくるという、我々のビジョンをこのコミュニティーとシェアすることにエキサイトしています」

 仮にラスベガスとナッシュビルが拡張球団としてMLBに加わって各リーグ16チームずつになれば、現行の東、中、西の3地区に分けるとチーム数が不平等になるので、唯一の解決策はリーグを再編して東、北、南、西の4地区に分けることだ。そうなれば4地区それぞれの4チームの間で地区優勝が争われ、今季と同じように1位のチームが「上位シード権」を得て本拠地での全3試合の開催権を持ち、各地区2位のチームと対戦する形式になるだろう。

 コミッショナーはそれらの地域でMLB誘致の動きが出る前から、「優先課題は新球場を建設できないために年俸総額が上がらないアスレチックスやレイズの本拠地」と明言しているが、ラスベガスやナッシュビルと並行してオレゴン州ポートランドやカナダのモントリオールがタンパベイとのレイズ本拠地分割の可能性を探るなど、移転先には困っていない。

プロ野球をビジネスとして成功させるために

 球団数の拡張は、プレーオフの拡大同様、プロ野球をビジネスとして成功させるための1つの手段だ。

 選手だけでもメジャーリーガーだけで52人、マイナーリーガーを含めれば200人近い雇用が確保され、広報やトレーナーやコーチたち、それに野球場で働く人々も含めれば、信じられないほど多くの人々の規模が確保されるのだから、各地自体も税金を使って施設建設に協力するし、MLB本拠地の誘致を歓迎する。そうなればチームを中心に地元の慈善事業の数も劇的に増えるし、球場周辺のインフラ開発や、それに関連した小規模ビジネスも連鎖反応的に生まれる。

 そうした大きな流れの中では、勝率8位のチームが1位のチームに勝って「番狂わせ」が起きることを嘆く人よりも、地区優勝できなかったチームがMLB王者となる「番狂わせ」を喜ぶ人の方が多数派になる。「ペナントレースの価値がなくなる」とか、「プロ野球のレベルが下がる」といった議論も、その巨大な濁流に飲み込まれるのだ。

 プレーオフの拡大はその流れを作るきっかけに過ぎず、MLBという巨大な産業の近未来を想定しながら、来季も導入されるべき「エンターテイメント=娯楽」の1つとなるのである。

文=ナガオ勝司

photograph by Getty Images