日本ハムからドラフト1位指名された伊藤大海選手。その素質がわかる過去の記事を、今回特別に再公開します。(初出:NumberWeb 2020年9月28日)

 生まれも育ちも北海道……正真正銘の「道産子」がドラフト1位で指名されるとすれば、いったい、誰以来のことになるのか。

 苫小牧駒澤大・伊藤大海投手(4年・176cm81kg・右投左打)は、果たして「最後の秋」を飾れるのか。

よくある“野球部挨拶”じゃなかった

 リーグ優勝を賭けた最終週のマウンドに、伊藤大海が上がった。

 前の試合の最中、ネット裏スタンドの離れた場所からこちらを見つけて、帽子をとって挨拶を投げてくれた顔が、なんだかスッキリとして、「わるいもの」が抜けたように見えていた。

 あと1時間足らずで、マウンドに上がるのだから、集中しているはずだ。声をかけるのは遠慮していたら、彼のほうから来てくれて、「先日はわざわざ遠くまでありがとうございました」。

 よくある“野球部挨拶”じゃなかった。 じつは4日前、雑誌『ホームラン』の取材で、私は苫小牧のグラウンドにおじゃましていた。

「飛び道具」はカットボールとスライダー

 立ち上がりから、当たり前のように「150キロ台」が続いて、初回はそれで圧倒して「力勝負」の印象を相手打線に焼きつけておいて、2回からは、速球を140キロ後半に出力目盛りを下げて、その代わりに「飛び道具」を交えてきた。

 137、8キロがカットボールで、127、8キロがタテのスライダー。

「カットやスライダーも、まっすぐと同じパワーで腕を振ってるので、僕の中に、特に“変化球”って意識はないんです」

 そんな話をしてくれたのを思い出す。

 打者からすれば150キロ前後の速球には手が出ないし、130キロ近いタテのスライダーも、動くせいでおそらくものすごく速く見えているのだろう。みるみるうちに、三振の山が築かれて、4回が終わって、アウト12のうち9奪三振。外野に飛んだのは、間を抜けたシングルヒット1本だ。

なぜナックルカーブを本番で使わないか

 イニング間の投球練習では、本人が密かに磨いているナックルカーブも投げておいて、相手に「あるぞ……」と見せておきながら、本番になると使わない。使わなくても、打者の意識の中にはちゃんと残してあるので、使っているのと同じ。どこで覚えてきたのか、打者の心理まで操って、ニクい投球術を心得ている。

 カーブを「見せ球」に取っておいても、速球に強弱をつけながら、カット、スライダーをカウント球にも、勝負球にも使えるから、投球のバリエーションはそれだけで十分だ。

 伊藤大海の投球を何度も見ている北海道担当のスカウトたちに訊いてみても、誰もが「今日がいちばん!」と口を揃える。最後の秋の優勝のかかった一戦。そんな「大一番」でベストピッチをやってのける……こういうのを「底力」と言うのだろう。

「エースで、キャプテンで、歳も1つ上」

 エースがこんなに奮投しているのに、打線が点を取れない。

 函館大の先発・枯木匠登(2年・179cm75kg・右投右打)も、「ドラ1候補」を向こうにまわして、一歩も退かない。

 テークバックが思いきり背中側に入る戸郷翔征(巨人)タイプのフォームだから、右打者は頭の方にボールが飛んできそうで踏み込めない。外を突いてくる速球、スライダーに手打ちになって、ランナーを出しても併殺でチャンスを逃す場面が二度、三度。

 イヤな流れを断ちきれないまま、0対0で試合終盤にもつれ込み、とうとうエラーもからんで、苫小牧駒大、敗れてしまった。

 頭一つ半か、もしかしたらそれ以上飛び抜けた才能と実力を持った選手が、チームにただ1人……それも、エースで、キャプテンで、歳も1つ上。伊藤大海は、東京の駒澤大に1年在籍してから、苫小牧駒大に入学していた。

「大海は確かにすばらしいピッチャーだけど、あくまでもチームの中の一人。ウチは、<伊藤大海>のチームじゃない」

 大滝敏之監督は繰り返しそうおっしゃっていたが、この日の苫小牧駒大の打者たちは、自分たちの偉大なチームメイトのために、なんとか点を取ろうとして、逆にスイングに思いきりを失い、勝負どころの試合終盤では、体の自由を失ってエラーを招いてしまった。私には、そんなふうに見えていた。

「エースとしてふさわしい人格を持っている人間が投げているのかどうか……投げるボール以上に、“そこ”を大切にしないと……」

 取材の語りの中で、伊藤大海の目がギラッと光った瞬間だ。

いつも1人「さみしそうだった」伊藤大海

 第2戦を、大滝監督が「大海の後継者」だと期待をかける後藤晟投手(2年・178cm80kg・右投右打・松本国際高)が、延長10回を完封して踏みとどまり、優勝を決する第3戦、4回途中からリリーフした伊藤大海がその後の5回3分の2を無失点に抑えて、苫小牧駒大を「秋」の初優勝に導いてみせた。

 11月の「明治神宮大会」への出場権を争う代表決定戦は、10月12日から行われる。そこで、「札幌六大学リーグ」の優勝校を破って初めて、「全国」の舞台に進めることになる。

 取材の日、グラウンドで練習に励む伊藤大海は、どこかさみしそうに見えた。親しく言葉を交わす相手もなく、いつも1人で走り、投げ、トレーニングに取り組んでいた。

「いいボールです! うなってますよ!」

 ブルペンで受けていた同じ「4年生」の捕手も、こんな感じだった。駒大苫小牧高では1年後輩だったのだから、当然といえば当然だ。

 これだ!と思った。これが、投手・伊藤大海の「伸びしろ」だ。自分より年長の選手たちと野球がやりたいんじゃないのか。自分よりもっとすごい選手たちの中で、そういう彼らからの痛烈な刺激の中で、もっと自分で自分を追い詰めてみたいんじゃないのか。

 飛び抜けたセンスを持った者は、より高い次元に放り込んだ時ほど、より激しく輝きを増す。

 長い人生で長いこと野球と接してきて、私がたどり着いた「経験則」の1つだ。

大卒「道産子」 ドラ1は“史上初”か

 生まれも育ちも北海道……正真正銘の「道産子選手」がドラフト1位で指名されたのは、高校生なら、2007年の楽天1巡目・寺田龍平投手(札幌南高)がいる。しかし、「大学生」で生まれも育ちも、所属する学校も、正真正銘の道産子選手がドラフト1位されるのは、彼がおそらく初めてのことになるだろう。

 函館の北、大沼公園に近い鹿部町で生まれ、たこつぼ漁師さんの息子として育った伊藤大海。

 板っこ一枚下は地獄……の漁師の世界。

 小さな船に揺られながら、腕一本、度胸ひとつで海と向き合ってきたお父さんの生きざまを、さんざん目のあたりにして育ってきたはずだ。

 「腕一本」で生きていく覚悟が、できていないわけがない。

文=安倍昌彦