世界中でなりすましメールを送って個人情報を抜き取る不正プログラムの被害が県内で相次いでいることがわかりました。

これは14日、県内在住の会社役員の男性を差出人としてOBSのパソコンに送られてきたメールです。

メールには請求書を送ったので添付ファイルを開くよう促しています。

文章の最後に記載されていたメールアドレスは男性のものと一致していて翌日に問い合わせなりすましが発覚しました。

こうしたメールを送りつけるエモテットという不正プログラムは添付ファイルを開いた端末から個人情報などを盗み取ります。

さらに、盗み取ったメールアドレス先に同様のメールを送って感染を拡大させます。

エモテットは世界中で被害が広がっていて、去年11月ごろから国内でも感染が急速に進んでいます。

OBSのほかにも複数の県内企業でなりすましメールが確認されていて、県警に被害の相談が寄せられています。

県警は怪しいメールの添付ファイルを開かず、送信元に確認をとるよう呼びかけています。