大分医療センターに関連した新型コロナウイルスの感染で23日夜新たに大分市内に住む20代の女性看護師の陽性が確認されました。

新たに感染が確認されたのは大分市内に住む20代の女性看護師です。

県によりますとこの女性は22日感染が確認された大分医療センターの看護師の友人です。

女性は今月20日頭痛や関節痛を発症しすでに感染が確認された看護師と接触があったことから県と大分市が23日PCR検査を実施した結果、陽性と判定されました。

これで県内の新型コロナ感染者は22人となり、県は現在この女性の行動歴や濃厚接触者について調査しています。

県と大分市では福岡県に協力を依頼した分も含め23日、207人に検査を実施していました。