一斉休校が続く中、保護者の負担を減らそうと大分市の児童クラブで過ごす子どもたちに26日地域のボランティア団体からお弁当が無料で配られました。

新型コロナの感染拡大による一斉休校を受け、大分市の学童保育施設では朝から児童の受け入れを実施しています。

こうした中、大分市のボランティア団体、「金池子どもみんなのひろば」では保護者の負担を減らそうと弁当の無料配布を実施しました。

26日スタッフが「金池校区児童育成クラブ」にお弁当45個を届け子どもたちはお礼の言葉を送るとさっそくからあげや卵焼きなどをおいしそうに頬張っていました。

金池子どもみんなのひろばでは、こうした活動を通じて引き続き子どもたちを支援していきたいと話しています。