おととし4月、中津市耶馬渓町で発生した大規模な山崩れの崩落現場で進められていた復旧工事が27日完了しました。

中津市耶馬渓町金吉地区ではおととし4月、大規模な山崩れが発生し、住民6人が亡くなり、いまも近くの2世帯5人に避難勧告がでています。

県は総事業費およそ25億円をかけて工事を進めてきました。

鉄筋やコンクリートで斜面を固定しさらに地下水を抜く、2つの井戸を掘って地盤を安定させました。

また、斜面の下にあった田んぼや市道の修復も終わり、発生からまもなく2年が経つのを前に27日復旧工事が完了しました。

中津市は週明け、月曜日に奥塚正典市長が会見を開き、避難勧告の解除について見通しを発表する予定です。