社民党の吉田忠智幹事長が26日帰県し、党内で意見が割れている立憲民主党との合流協議について「双方の意見を受け止めて結論を導きたい」と決意を述べました。

社民党の吉田忠智幹事長は26日県庁で会見を開き、立憲民主党との合流協議などについて報告しました。

社民党は立憲民主党から合流を提案され、両党は幹事長同士で協議を重ねてきました。

しかし党内では慎重論も相次ぎ、意見が割れています。

吉田幹事長は現状について「合流に向けて大きく前進している」と評価したうえで、自らが主導して意見をまとめたいと決意を語りました。

社民党は来月9日にブロック事務局長会を開き、秋の臨時大会で党としての態度を決定する方針です。