「あおり運転」厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法が施行され、県警は、ドライバーに安全運転を呼びかけました。

道路交通法改正にともないほかの車の通行を意図的に妨害するいわゆる「あおり運転」が30日から厳罰化されます。

東九州自動車道の大分インターチェンジで県警が「あおり運転」防止を啓発するチラシを配布し、ドライバーに安全運転を呼びかけました。

違反した場合、1回で免許取り消しになるほか最高5年の懲役または、罰金100万円が課せられます。

警察では今後も「あおり運転」防止の啓発活動を続けていく方針でドライブレコーダーの設置などを呼びかけています。